黒石奈央子が提案する、働く女性のON/OFFスタイル

GATTA(ガッタ) > スペシャルコンテンツ > 黒石奈央子が提案する、働く女性のON/OFFスタイル > 黒石奈央子が提案する、働く女性のON/OFFスタイル -OFF編-

自分らしい着こなしをするために大切なのは“シルエット”と“個性”。

小柄さんもウエストにポイントを持ってきたり、首・手首・足首の“3首見せ”をすることでスタイルアップができる。

デニムにTシャツのシンプルスタイルも、スカーフを巻いたり、靴を派手にしたりすれば、自分のこだわりが表現できる。

そう教えてくれた『Ameri VINTAGE』の代表取締役 兼ブランドディレクターの黒石奈央子さんに、これからの季節におすすめのON/OFFスタイルと着たい服を自分らしく着こなす方法を聞きました。

昔はモノトーンばかり着ていたけれど、今は色の配色を大切にしているという黒石さん。コーディネートを組むときは、自然のものにヒントを得ているそう。

「たとえばお花って葉っぱの部分が緑じゃないですか。だから、緑って意外といろんな色に合うんですよ。」

自然にあるカラーの組み合わせを思い切ってファッションに取り入れることで、自分の心地よい組み合わせがわかってくるのだとか。

自分らしいファッションを楽しむためのヒントを見つけて。

黒石奈央子が提案する、働く女性のON/OFFスタイル -OFF編-

トレンド+αで周りと差をつける

友だちとのショッピングは、トップスに秋冬トレンドのバーガンディを選んでトレンド感は外さない。周りと差をつけたいなら、大胆な刺繍が施された主役級のスカートを合わせて。

key detail:大胆デザイン

みんなが取り入れるトレンドカラーを着るときは、合わせるアイテムにこだわって。大胆柄のスカートなど個性的なアイテムを選べば、今っぽいのに自分だけのスタイルに仕上がる。

大人のデートは“甘すぎない”が鉄則

彼とドライブデートに出かける日は、オシャレもしたいけど可愛らしさもアピールしたい。

明るめカラーでフリンジのついた甘デザインのアイテムは、ワンピースではなくパンツルックのオールインワンを選ぶと絶妙な甘さの大人デートスタイルに。

key detail:辛口小物

甘めの服は苦手……という人も、パイソン柄の靴、竹素材のバッグなど小物に辛めのアイテムをもってくると全体的にモードな印象に。

リラックスタイムもオシャレは忘れない

お家でリラックスして過ごすときだってオシャレでいたい。シンプルなニットタンクとショートパンツには、刺繍がポイントのリラックスカーデを合わせて。

とろん素材&着物のような形だから、楽ちんなのにオシャレ感があって気分もあがる。

key detail:刺繍

部屋の中で着るリラックスウェアこそ、お気に入りの1枚を選びたい。刺繍などこだわりのあるデザインをポイントにして。

INFORMATION
ブランド情報

Ameri VINTAGE

可愛いと思ったのに「これは自分には似合わないから着ない」なんてもったいない! どんなジャンルのファッションもどんどんチャレンジして、自分のスタイルにしていってほしいという想いが込められた『Ameri VINTAGE』のコンセプトは“NO RULES FOR FASHION”。
完成度の高い古くて価値のある“vintage”アイテムに最新のAMERI ORIGINALの商品をプラスすることによって、昔の価値ある物と最新の流行を融合した今までにないスタイルを提案している。