長屋なぎさが提案する、働く女性のON/OFFスタイル

GATTA(ガッタ) > スペシャルコンテンツ > 長屋なぎさが提案する、働く女性のON/OFFスタイル > 長屋なぎさが提案する、働く女性のON/OFFスタイル -OFF編-

自分らしいスタイル。それは他の誰でもない“わたし”にとって、しっくりくるスタイル。

仕事だって、日々の生活だって同じこと。

興味を持ったり、素敵だと感じたりしたものを少しずつ自分の周りにおいていけば、自分の“好き”が集まったオリジナルのスタイルをつくることができる。

着たい洋服を自分らしく着こなすためのティップスを紹介している『155cm STYLE』の著者、ライフスタイルプランナーの長屋なぎささんに、これからの季節におすすめのON/OFFコーディネートを聞きました。

「服をただ着るというよりも、微調整をしている」という長屋さん。

自分の体と向き合いながら自分らしくファッションを楽しむ方法とは。

長屋なぎさが提案する、働く女性のON/OFFスタイル -OFF編-

海辺デートにはサラッと着られる1枚を

前も後ろもばっくり開いたワンピースは、彼と一緒にビーチ沿いをお散歩するときに着たい。

露出の多いスタイルには、大き目バッグを合わせると○。絶妙なバランス感でかわいく仕上がる。

ひざ下まであるたけ感ならビーチサンダルを合わせても、ほどよい抜け感のある女性らしい印象に。

key detail:ブラウジング

腰ではなく胸の下でブラウジングするのがおすすめ。上半身がコンパクトに、下半身が長くなるので、メリハリがついてスタイルアップに。

ゆるシルエットにはスパイスを忘れずに

ゆるっとしたシルエットに、ゆるっとしたパンツ、足元はビーチサンダルという全体的に“ゆるい”スタイルには、レオパード柄のポシェットでメリハリを。

スリットワンピは首回りに抜け感のあるデザインなので、少し後ろに肩を抜くと女性らしい着こなしに。

key detail:スリット

長めのワンピースは横にスリットが入っている一見シンプルだけど“ひとくせ”あるデザイン。いつものデニムをスリットからちらっと見せてあげると、こなれ感のあるスタイルに。

ベーシックスタイルは小物で差をつける

普段はモノトーンが多いけど、最近なんだか気になるのが“パープル”。新鮮カラーは気の置けない友だちとのランチに着ていきたい。

小物はパンチのあるデザインを選ぶのが○。タンクトップ+デニムなどベーシックなスタイルには、「あれ、やりすぎかな?」と思うくらいインパクトのあるアイテムを合わせるとおしゃれにまとまる。

key detail:遊び心

シンプルなスタイルには、デザイン性の高いバッグやリメイクのデニムなど“遊び心”を入れてみて。それだけでぐっと垢ぬけて自分らしいスタイルに仕上がる。

INFORMATION
長屋なぎさの最新トピックス

『155cm STYLE』(宝島社)

155cmという小柄な身長を思わせない着こなしが、多くの女性に支持されている長屋なぎさ。「はじめから決めていた」そう話す、初の著書のタイトルは『155cm STYLE』。

いちばんのこだわりは、満載な着用カット。腕のまくり方、肩の落とし方、たけ感……など、ほんの少しの工夫でまとう雰囲気が変わることを教えてくれる。

読み物として楽しむもよし、困ったときの指南書として参考にするもよし。自分らしいスタイルを楽しみたいと思わせてくれる1冊。