【スペシャル】脚・二の腕・お腹!運動が苦手でもできる1日5分の体づくり

巷にあふれるダイエット法。いろいろ情報はあるけれど「そんなに毎日頑張れない!」「何からはじめたらいいのかわらない」という方、結構多いのではないでしょうか。

そこで今回は、2017年ミス・インターナショナル世界大会公式トレーナーで、100万部を超える大ヒットエクササイズ本『モデルが秘密にしたがる 体幹リセットダイエット』(サンマーク出版)の著者である佐久間健一さんに、運動が苦手でもできる簡単エクササイズ3つと、誰でもすぐに取り入れられる食事法を教えてもらいました!

これなら続く!1日5分の体幹エクササイズ

夏は露出が増えるから、見て見ぬふりをしていた体のたるみが嫌でも気になる……。とはいえ、日々の忙しさは変わらないし、急に難しいエクササイズができるようになるわけじゃない。

ということで「忙しくても、運動が苦手でも、できるエクササイズありますか?」という願いに応える、1日5分の簡単エクササイズを気になる3つの部位別にご紹介いただきました!

「太ももの張りが気になる」「スラっと美脚になりたい!」という方にぴったりのエクササイズはこちら。


太ももの前張りは後ろ側が使えていないから

人は意識しないと、脚の前側の筋肉ばかりを使いがち。前を向いて歩いているから、ある意味当たり前です。しかし、それだと前側の筋肉ばかりが発達してしまい“ガッチリ脚”に。
このエクササイズでは、太ももの後ろ側を伸ばして筋肉を使えるようにすることで、前側のボリュームを抑えることを目指します。

洋服の袖から顔を出すたるんだ二の腕をキュッと引き締めたいという方はこのエクササイズがおすすめ。


体脂肪は関節の動きが少ないところにつきやすい

腕は本来、立ったときに肩から地面の方向にピーンと伸びているもの。それなのに、ひじが曲がって肩が前に出るクセがついてしまっている人が多いんです。すると、ひじと肩の関節の動きが鈍くなって二の腕に脂肪がつきやすくなってしまいます。
このエクササイズで、ひじを思いっきり曲げ伸ばして、関節の柔軟性を高めることを目指しましょう。

「最近お腹が出てきたかも……」「いくら腹筋しても、出たお腹がへっこまない!」というかたにおすすめのエクササイズはこちら。


腹筋運動は姿勢が悪くなる!?

お腹をへこませるといえば腹筋運動。しかし、一般的な体を折り曲げる腹筋運動を猫背のまま行ってしまうと、自ら体を丸めることになり、さらに姿勢が悪くなってしまう可能性が。

お腹周りに脂肪がつきやすくなるのは、背骨周りの柔軟性が低下しているからです。特に後ろに倒す、左右に動かす、後ろにねじるという背骨の動きが少なく、柔軟性が低下している場合が多いので、このエクササイズでリセットしていきましょう。

INFORMATION佐久間健一さんの最新情報

『モデルが秘密にしたがる 体幹リセットダイエット』(サンマーク出版)

3万人がキレイにやせミス・インターナショナルやモデル、芸能人の体形の悩みまでスッキリ解消したという驚きのダイエット法を紹介。
佐久間さんならではの“続けなくていい”簡単ダイエットを知ることができる。