GATTA(ガッタ) > Beauty > 今さら聞けない!? 美肌を目指すなら知っておくべき基本のクレンジング法
beauty

今さら聞けない!? 美肌を目指すなら知っておくべき基本のクレンジング法

2017.10.20 20:00

クレンジングは美肌づくりにおいて重要なカギを握っているといわれています。それなのにクレンジングは適当に済ませているという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、正しいクレンジングの方法についてご紹介します。

 

ポイントメイクは別でオフ

ウォータープルーフのマスカラやアイライナーなどのアイメイクは、通常のクレンジングでは落としきれない……という経験、誰でも一度はありますよね。

ポイントメイクは専用のクレンジングでオフすることが理想。目元や唇皮などのポイントメイクをする部分の皮膚は薄くデリケートなので、摩擦の刺激を最小限にしてあげましょう。

きちんと落としきれていないとくすみなどの肌トラブルの原因ともなることも……。ポイントメイクは先にオフすることをおすすめします。

 

クレンジング剤をのせる順番がカギ

出典:https://gatta-media.com/

クレンジングをするときにどこからクレンジング剤をのせていますか? 特に決まっていない方、顔全体に一気にのせる方など様々でしょう。

でも、実はクレンジング剤をのせる順番は、とても重要なポイント。なぜなら強い汚れをしっかりオフして、デリケートな部分への刺激を最小限に抑えたいから。まずは、皮脂の分泌量の多いTゾーンからのせて、皮脂と混ざったメイク汚れをオフしていきます。その次にUゾーン、頬と全体、という順番で伸ばしていくのがおすすめです。

ゴシゴシ擦らず、クレンジング剤とメイク汚れをなじませるような感覚でやさしく洗ってあげるのがコツ。とにかく摩擦などの刺激を最小限にしましょう。

 

ぬるま湯でしっかり落としきる

美肌を育むクレンジング法、最後の仕上げは“すすぎ”です。

冷たい水ではなくぬるま湯で、お顔全体のクレンジング剤を洗い流していきましょう。メイクアイテムには油分が多く含まれており、皮脂と混ざりあったメイク汚れは水ではキレイに落としきれない場合があります。洗い残しは吹き出物などの肌トラブルの原因になってしまうこともあるので要注意。

とはいえ、洗い流すときもゴシゴシ擦るのはやめましょう。優しく、だけど徹底的に汚れは落とすのが鉄則ですよ。

 

美肌作りに一番重要で基礎となるのがクレンジングです。その日の汚れをその日にオフして肌トラブルを防ぐ、また、潤いや美容成分をお肌に与える下準備になります。

今以上の美肌を目指すために、一度クレンジングのやり方を見直してみませんか。

 

【関連記事】

※ 1日中うるおい肌へ!明日の朝からできる新習慣とは

 潤いに満ちた肌に。乾燥に負けない&崩れにくいベースメイクのつくり方

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」