GATTA(ガッタ) > Interior > これならできそう!「家族が片付けてくれない」を解決するヒント&実例
interior

これならできそう!「家族が片付けてくれない」を解決するヒント&実例

2017.10.11 22:00
出典:https://gatta-media.com

自分が片付けたいと思っていても、なかなか家族の協力を得られない、というご家庭、かなり多いのではないでしょうか。

せっかく頑張って片付けても家族がまた散らかして、結局元通り……となってしまったら、やる気がなくなってしまいますよね。

そこで今回は、「家族が片付けてくれない!」という悩みを改善するためのヒントを、筆者宅での実例を交えてご紹介します。

 

家族が片付けてくれない理由は何?

出典:https://gatta-media.com

まず、家族が片付けに協力してくれない場合、コミュニケーションを取ってなぜ片付けてくれないのか、聞くことが大事です。

家族の価値観や性格は、もしかしたらあなたとは違うのかもしれません。

片付けられないご家族に、なぜ元に戻せないか聞いてみると、自分では気づかなかった視点が見えてきたりするもの。

筆者宅でも子供のお片付けが上手くいかなかったため、このようにコミュニケーションをとることから始めてみました。

 

実例:小学生の学習机のお片付け

出典:https://gatta-media.com

今回ご紹介するのは筆者宅の小2の長男の例。

最近は学校の支度なども自分でほとんどできるようになったのですが、その代わりに教科書や音読カード用のスタンプなどが机の上に出しっぱなしに……。

酷い時は床に散らばっていて、なぜ戻せないんだろう?と思っていました。

出典:https://gatta-media.com

音読用のスタンプは、引き出しを仕切ってわかりやすく定位置も決めたのに、結局出しっぱなしに。

そこで、「なんでスタンプを引き出しに戻さないの?」と長男に聞いてみたところ、「だって椅子を引いて引き出し開けて、戻して閉めるのが面倒くさい」とのこと。言われてみると、たしかにアクション数が多いですよね。

ちなみに、教科書が戻せないのは「出しておいたほうが探しやすい」からだそう。

こちらも、たしかに1年生の時のテキストやプリントなど、使わないものが混在しているから出しにくいのかもしれないと反省。今回は長男の言い分の方が理にかなっていると思ったため、早速改善してみることにしました。

 

学習机の改善Before/After

長男の意見を受けて改善してみた結果がこちらです。

<Before>

出典:https://gatta-media.com

<After>

出典:https://gatta-media.com

思い切って、普段使う教科書、ノート以外は全部なくしてしまい、スカスカの収納にしました。

考えてみると国語は毎日あるのでランドセルに入れっぱなしですし、その他は算数、生活、音楽、図工くらい。これらの普段使う教科書だけが、サッと見つけて入れ替えできれば大丈夫なんだなと実感しました。

そして、音読用のスタンプも引き出しではなく机の上にそのまま置くことに。これで出し入れのストレスがだいぶ軽減されました。

改善した感想を長男に聞いてみたところ、「出しやすくなった!」と満足そう。実際に以前に比べると学習机の周りも散らかりにくくなりました。

 

もしご家庭でなかなかご家族が片付けられない、元に戻せないといったお悩みがあるのなら、その理由を聞いてみると解決のヒントが得られるかもしれません。ぜひ一度ためしてみてください。

 

【関連記事】

※ 「モノが多い」「狭い」部屋でもすっきり見せるインテリアの工夫

※ 捨てるのはもったいない!意外と使える古いタオルの活用術