GATTA(ガッタ) > Bodymake > 目指せうる肌。フルーツピンチョスサラダの作り方【サクッと薬膳簡単レシピvol.28】
bodymake

目指せうる肌。フルーツピンチョスサラダの作り方【サクッと薬膳簡単レシピvol.28】

2017.10.14 21:00
出典:https://gatta-media.com

秋の長雨や台風が落ち着くと、残暑も過ぎ去り本格的な秋がやってきます。過ごしやすくなると同時に乾燥する季節に。

薬膳では、秋の前半は“熱をとりながら潤う食材”を、後半は“寒さに対抗しながら潤う食材”をとるようにし、全般的に野菜や果物を積極的に摂取します。

そこで今回は、秋が旬の果物を使った簡単にできる“オードブルサラダ”をご紹介します。

≫これまでの【サクッと薬膳レシピ】はこちらから

 

柿と梨のピンチョスサラダ

出典:https://gatta-media.com

●材料(作りやすい分量)

・梨 1個

・生ハム 5枚

・柿 1個

・クリームチーズ 適量

・蜂蜜 小1~

・マヨネーズ 小1~

 

●作り方

(1)梨を食べやすい大きさに切り、ちぎった生ハムを適当に畳んでピンに刺す。

(2)柿を食べやすい大きさに切り、クリームチーズとピンに刺す。

(3)蜂蜜とマヨネーズを混ぜソースをつくって完成。

 

薬膳ポイント:潤燥と生津

秋の薬膳によく用いられる食材は、“潤燥(じゅんそう)”と“生津(せいしん)”と呼ばれます。

潤燥は乾燥状態のからだを潤す働きが、生津はからだの中の水分(津液・しんえき)をつくりだす働きがあると考えられており、代表的な食材は次の通り。

潤燥・・・百合根、白きくらげ、豆腐、梨、柿、りんご、レモン、豚肉、牡蠣、牛乳、蜂蜜など

生津・・・ぶどう、あんず、すもも、梨、びわ、みかん、茶、牛乳など

こうしてみると生津に果物が多いと思いませんか? 甘酸っぱい食べ物は津液をつくるといわれているので、果物が多いのです。そのため、乾燥が気になり、からだの内側から潤いが欲しい秋は、果物がおすすめ。

 

秋の美容は乾燥対策が大事。食事も体の中から潤う食材をチョイスして、潤い美人を目指してくださいね。

 

【関連記事】

※ 体ぽかぽか。根菜のごまあえサラダ【サクッと薬膳簡単レシピvol.27】

※ 秋の美肌薬膳!梨と白きくらげのデザート【サクッと薬膳レシピvol.24】

国際中医薬膳師

大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。施術中心の生活を続ける中で、からの不調や不定愁訴の相談をされることが多くなり、内側からのケア、特に食生活の大切さを感じたことから、薬膳の資格を取得。健康へのアプローチとして東洋医学との融合を目指している。

漢方を使ったお茶やスイーツをサロンで提供するほか、中医学の考えに基づく季節や体調に合わせた養生法などを提供している。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士

From 坂本雅代・・・「たくさんの輝いている女性にお会いしてきましたが、みなさん自分をよく知っている方ばかり。自分に似合うもの、自分らしさを大切にすることで、他者とは違うその人の魅力が増すのでしょう。また、心身健康であることの上に、美しさが成り立ちます。忙しい毎日をパワフルに過ごせるヒントになるようなことをお伝えできればと思います。」