GATTA(ガッタ) > Beauty > 【奥二重さん向け】にじまず大きな目に見せる「アイライン」の引き方テク
beauty

【奥二重さん向け】にじまず大きな目に見せる「アイライン」の引き方テク

2019.03.31 20:00

目の輪郭をはっきりさせるアイライナーは、目を大きくパッチリと見せるうえで欠かせないアイテム。

しかし奥二重さんの場合、目を開くとせっかく引いたアイラインが見えなくなってしまったり、まぶたにアイラインがべったりついてしまったりと、なかなか扱いが難しいものですよね。

そこで今回は、美容ライターである中島香菜さんに、奥二重さんのためのアイラインの引き方を教えてもらいました。

コツさえつかめば、誰でも簡単に印象的な目元が手に入りますよ。

#メイク 記事もチェック!

 

「アウトラインは目尻だけ」が鉄則

まぶたが目のキワに重なってしまう奥二重さんの場合、アイライナーで全体にアウトラインを引くのはNG。目を大きく見せる効果がほとんど期待できないだけでなく、メイク崩れの原因にもなりやすいからです。アウトラインを引くのは、潔く目尻のまぶたが重ならない部分だけにしましょう。

その分目尻のラインを少し長めにすれば、目の横幅が広くなる、つまり目を大きく見せられます。“アウトライン=目を横に広げるもの”と考えるようにしてくださいね。

 

アイラインは細く!余白が目を大きく見せる

「アウトラインは目尻にだけなら、思い切り太く描こう!」と思ってしまいがちですが、それは絶対にNG! 頑張ってメイクをしている感が出てしまったり、かえって目が小さく見えてしまったりします。

アイラインを細く引くと、目尻の二重幅に“余白”ができ、二重部分の存在感がアップ。すると、自然に目が大きく見えますよ。

筆者のおすすめは、フローフシの『モテライナー リキッド』。筆にコシがあり、細いラインも描きやすいのが魅力です。

大人のアイメイクにやりすぎは禁物。「もっと盛りたい」という気持ちをぐっと抑えて、自然に仕上げてくださいね。

【商品詳細】
フローフシ『モテライナー リキッド』ブラウンブラック

 

インラインは必須!目の深みをアップ

奥二重さんはアウトラインを描かない分、必ずインラインを引くようにしてください。目の輪郭が強調され、ナチュラルに目の深みを出せますよ。インラインなら、まぶたにラインが転写されてしまう心配もないので安心です。

インラインを引く際は、にじみにくいクリームペンシルがおすすめ。特にデジャヴュの『ラスティンファインa クリームペンシル』なら芯がほどよく柔らかく、するするとまつ毛のすき間を埋められます。

色展開も豊富なので、使うアイシャドウに合わせてカラーを変えれば、“もともと目が大きい人”に見せられますよ。

【商品詳細】
デジャヴュ『ラスティンファインa クリームペンシル』カーキブラック  ※ カーキブラックはバラエティストア限定発売です

 

上記のポイントを押さえてアイラインを引けば、自然に目の印象を強められます。

アイラインを敬遠していた方も、全体に太いラインを引いていた方も、ぜひ試してみてくださいね。

【おすすめ記事】

二重幅を強調する「インラインメイク」の描き方

10分以内に完成!「毎日メイク」のコツ

手持ちのコスメでできる「アイメイクの裏技」3つ

美肌をつくる「正しい洗顔」4ステップ(Sponsored)

【画像】
※ Olena Yakobchuk、Dmytro Zinkevych / Shutterstock

  • URL
  • Instagram
ライター
大学卒業後、営業職・事務職を経て2014年1月よりライターとして活動開始。歯科求人を扱う企業で専属ライターとして1年ほど勤務した後、フリーランスに転向し、編集者としても活動。得意なジャンルは、医療・美容。日本化粧品検定1級、メイクアップアドバイザー検定保有。
From中島香菜・・・「バリバリのキャリアウーマン、専業主婦……どんな立場にいても、すべての女性が自分の選択した働き方・生き方に自信をもって思い切り楽しんでほしいです。」