GATTA(ガッタ) > Hair > もっとキレイな髪に!美容師が教えるトリートメントの正しい使い方
hair

もっとキレイな髪に!美容師が教えるトリートメントの正しい使い方

2017.09.29 22:30
出典:https://gatta-media.com

髪は生えてきた時点で再生機能がないといわれているので、外から栄養を与えてあげることが重要。そこで必要になってくるのがトリートメントです。

そこで今回は、美容師の筆者が、インバス・アウトバスに分けて、トリートメントの使い方をご紹介します。

 

洗い流すトリートメント

商材にもよりますが、使う量の目安はショートで1プッシュ、ミディアムで2プッシュ、ロングで2〜3プッシュ。毛先を中心に付けて、クセがある方は根元付近からつけてください。粗めのコームを使い全体をまんべんなくとかし、手でもとかしてあげるとよりいいでしょう。

お湯を少し足しながら行う“チェンジリンス”もオススメ。「毎日トリートメントをして大丈夫ですか?」という質問がよくありますが、基本的には毎日しても大丈夫です。

 

洗い流さないトリートメント

お風呂の外で使うトリートメントは、軽めの質感が好きな方は“ミストタイプ”、サラサラが好きな方は“オイルタイプ”、しっとりが好きな方は“ミルクタイプ”がおすすめ。髪質のお悩みや理想の髪質をイメージしながら選ぶのがベストです。こちらも手にまんべんなくのばしてから髪につけて、コームで全体にのばしてください。

使用量は、使いはじめの頃は多めに使うのがおすすめで、徐々に髪質が変化してきたら重たくならないように使用量を減らしていきましょう。

また、季節に合わせて変えたり、2種類のアウトバスを組み合わせて使うのもいいですよ。

 

毎日使うものだからこそいいものを使うことはもちろんですが、自分に合うものを使うことが大切。使用感や香りなど選ぶポイントはあると思いますが、担当の美容師さんに相談してみるのもいいでしょう。 きっとあなたにぴったりのトリートメントをおすすめしてくれるはずです。

 

【関連記事】

※ 夏のダメージで傷んだ髪に!輝きを放つ髪をつくるヘアケアとは(PR)

※ 美容師が教える!お風呂でできる簡単ヘッドスパのやり方