GATTA(ガッタ) > Leisure > お花見に行くならここで決まり!都内にある「桜の名所」3つ
leisure

お花見に行くならここで決まり!都内にある「桜の名所」3つ

2019.03.17 21:00

暖かい日が増えてくるにつれて、話題にあがるお花見。例年、関東の桜の見頃は3月下旬から4月上旬といわれています。

そこで今回は、都内の桜の名所3つをご紹介します。今年はどこに行こうかな?と考えている方は、ぜひ参考にしてみて!

#おでかけ 記事もチェック!

 

都内の桜の名所と言えばココ!「目黒川の桜並木」

東急東横線の中目黒駅からすぐの桜の名所『目黒川』は、知らない人はいないほど定番中の定番のお花見スポット。池尻大橋駅近くから目黒駅近くを流れる約3.8キロの両岸には、ソメイヨシノなどが約800本も植えられていて、その美しさは圧巻。

目黒川の桜並木は、レジャーシートを広げてというお花見ではなく、桜並木をゆっくりお散歩しながら鑑賞するのがおすすめ。例年、桜まつりなどの催し物が開催され、屋台グルメなども楽しめるのもうれしいポイント。

また、中目黒付近には、おしゃれなレストランやコーヒーがおいしいカフェなどもたくさん! 休憩をしながら美しい桜並木を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

名曲の舞台・田園調布にある桜の名所「桜坂」

福山雅治さんの名曲『桜坂』の舞台にもなった、日本有数の有名桜スポットである田園調布にある『桜坂』。

桜が満開の時期の桜坂は、空一面がピンクに染まり桜のトンネルを楽しめるスポット。ただ、住宅街の中にあるため、訪れる際のマナーには気をつけて。

東急東横線『多摩川駅』もしくは、東急多摩川線『沼部駅』から訪れることができます。筆者のおすすめは多摩川駅を利用すること! おいしいケーキ屋さんが多数あるので、桜鑑賞の後にはぜひ休憩がてら立ち寄るのがおすすめです。

 

ボートから桜を眺めることができる「千鳥ヶ淵緑道」

皇居のお堀に沿った遊歩道は、700メートルに及ぶ豊かな緑に囲まれた都内屈指の桜の名所。

桜トンネルの下をゆっくりお散歩したり、夜桜も楽しめるスポットです。また、おすすめはレンタルボートをして、ボートから桜を眺めること。他のスポットでは体験できないので、千鳥ヶ淵緑道を訪れた際にはぜひ試してください。

 

桜は「咲いた!」と思ったら、あっという間に終わってしまいます。ぜひ、早めの計画を立てて満開の桜を楽しんでくださいね。

【おすすめ記事】

「さくら」香る2019年新作ドリンク3選

気軽に楽しめる「癒し温泉スポット」3選

東京駅で見つけた美味しすぎるパン3選

輝く3人の女性が見つけた「私らしさ」(Sponsored)

【画像】
※ 舞流sky、momo、小野真志 / PIXTA(ピクスタ)