GATTA(ガッタ) > Hair > 紫外線ダメージを受けたヘアに!秋こそスカルプケアを取り入れて
hair

紫外線ダメージを受けたヘアに!秋こそスカルプケアを取り入れて

2017.10.03 20:00
出典:https://gatta-media.com

秋口になると夏に浴びた紫外線ダメージで、髪のパサつきが気になることはありませんか? 実は筆者もクセ毛&乾燥毛タイプで、髪については年中格闘しています。とはいえ、肌に比べて髪のUVケア意識は低いのが現状です。

そこで今回は、筆者が実践している、紫外線をはじめさまざまなダメージを受けた髪のケアについてご紹介します。

 

スカルプケアとは?

出典:https://gatta-media.com

スカルプケアとは、スカルプ=人間の頭皮、頭の地肌、ケア=予防、保護、合わせて頭皮のお手入れ全般のことを指します。

これに対して、ヘアケアはヘア=髪なので、ヘアケア=髪のお手入れのこと。髪の毛は“死んだ細胞”といわれており、髪自身が傷んだ箇所を修復することはできません。毛穴から生えている髪の毛は傷めない、もしくは傷みが進まないようにすることが重要です。

つまり、すでに髪のお悩みを抱えている人は、生えている髪自体を修復することは難しいため、これから生えてくる髪のケア=スカルプケアケアが重要になってくるという訳です。

 

スカルプシャンプーは何が違うの?

では、スカルプシャンプーと普通のシャンプーは何が違うのでしょうか。

通常のシャンプーは頭皮や毛髪の汚れを落とすために洗浄力を重視し、また使い心地を考慮して泡立ちが良いものが多いです。ブランド毎に配合は変わりますが、洗浄力を高め泡立ちを良くするために石油系の界面活性剤などを使用したシャンプーは“高級アルコール系”と呼ばれる部類のものがほとんどです。

その点スカルプシャンプーは、頭皮の健康状態を考慮して作られているものが多く、洗浄力が高い石油系の界面活性剤は使用しない、頭皮への刺激が少ないアミノ酸系の界面活性剤を使用しているものが多数。

アミノ酸は皮膚や髪と同じたんぱく質で構成されているので頭皮にも毛髪にも優しいといわれています。

 

スカルプケアの効果は?

出典:https://gatta-media.com

“スカルプケア”は、痒み・フケ・頭皮の臭いなどのトラブルや、これから生えてくる髪の毛を良い状態へ整えることも期待でき、抜け毛・薄毛・白髪対策にもなるといわれてます。お肌と一緒で、髪や頭皮のトラブルは起きてから対処するよりも、起きる前にケアして予防した方が手間も時間もお金もかかりません。

 

ストレスの多い現代社会では、女性でも髪の悩みを抱える人は多いはず。今後はぜひスカルプケアにも目を向けてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 美容師が教える、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い

※ 頭皮にもスーパーフードの恵み?今話題のシャンプーとは(PR)