GATTA(ガッタ) > Bodymake > 秋の夜美容にホット杏仁アーモンドミルク【サクッと薬膳簡単レシピvol.26】
bodymake

秋の夜美容にホット杏仁アーモンドミルク【サクッと薬膳簡単レシピvol.26】

2017.09.25 19:30

秋になり、夜が長くなってきましたね。乾燥が気になるこれからの季節、お風呂上りにしっかり保湿をして潤い肌を保ちたいところですが、こんな秋のお手入れのおともにぴったりなホットドリンクがあるんです。

そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が、秋の美容にオススメのホット杏仁アーモンドミルクをご紹介します。

≫これまでの【サクッと薬膳レシピ】はこちらから

 

ホット杏仁アーモンドミルク

●材料(1人分)

・アーモンドミルク(無糖) 200ml

・杏仁霜(キョウニンソウ) 小さじ1

●作り方

(1)アーモンドミルクを温め、杏仁霜(キョウニンソウ)を溶かして完成。

杏仁霜(キョウニンソウ)は冷たいと溶けないので温めてから溶かしてくださいね。

 

薬膳ポイント:杏仁

杏仁豆腐でおなじみの杏仁(中薬名はキョウニンとよびます)は、薬膳では身体をちょっとだけ温める微温性の食材と考えられています。

出典:https://gatta-media.com

身体の余分な水分を排出することでむくみを和らげてくれたり、咳を抑えてのどの調子を整えたりする他にも、潤すことで便秘改善に効果が期待できるとされるなど、これから乾燥する秋冬にぴったりの食材です。

東洋医学では、秋の五臓は“肺”。肺をいたわることが、秋を元気に過ごす秘訣です。“秋は白い食材で肺を潤す”が、秋の美肌の鉄則なんです。

喉が乾燥しているように感じる日は、デザートに杏仁豆腐を選ぶのもオススメ。今回は、より手軽にいただけるように、美肌おやつの定番、アーモンドミルクとあわせました。

杏仁霜(キョウニンソウ)は杏仁に砂糖なども加えられていて、ほんのり甘味のあるミルクです。ホットミルクやホット豆乳など、お好みのものでお試しください。

 

肌寒くなってきた夜、ホット杏仁アーモンドミルクを飲みながらお肌のお手入れをして眠れば、体の内外から潤いそうです。秋の美容ドリンクの参考にしてくださいね。

 

【関連記事】

※ 秋の美肌薬膳!梨と白きくらげのデザート【サクッと薬膳レシピvol.24】

※ 冷えむくみが気になるときに食べたいフェンネルポテト【サクッと薬膳レシピvol.25】

国際中医薬膳師
大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。施術中心の生活を続ける中で、からだの不調や不定愁訴の相談をされることが多くなり、内側からのケア、特に食生活の大切さを感じたことから、薬膳の資格を取得。健康へのアプローチとして東洋医学との融合を目指している。
漢方を使ったお茶やスイーツをサロンで提供するほか、中医学の考えに基づく季節や体調に合わせた養生法などを提供している。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士
From 坂本雅代・・・「たくさんの輝いている女性にお会いしてきましたが、みなさん自分をよく知っている方ばかり。自分に似合うもの、自分らしさを大切にすることで、他者とは違うその人の魅力が増すのでしょう。また、心身健康であることの上に、美しさが成り立ちます。忙しい毎日をパワフルに過ごせるヒントになるようなことをお伝えできればと思います。」