GATTA(ガッタ) > Leisure > カフェ巡りで楽しむ、 NYのホットな街ブルックリンの「ダンボ」
leisure

カフェ巡りで楽しむ、 NYのホットな街ブルックリンの「ダンボ」

2017.09.19 22:00

今、ニューヨークの中でも注目されているのが、“ブルックリンエリア”。

ここ数年、地価が高くなりすぎたマンハッタンから移り住んできたクリエーターなどが多く、新たな文化の発祥地として急成長している場所です。

ひとくちにブルックリンと言ってもさまざまなエリアがありますが、今回はマンハッタンから近く美しい景色にも出会える、ブルックリン橋とマンハッタン橋の袂に広がる『DUMBO(ダンボ)』というイーストリバー沿いのおすすめ散策コースをお伝えします。

 

ブルックリンブリッジを渡り「DUMBO」へ

マンハッタンからは、地下鉄でそのまま行くこともできますが、この時期、秋晴れの天気の良い日におすすめの行き方としては、マンハッタンの地下鉄4.5.6番線(グリーンライン)の『Brooklyn Bridge – City Hall』駅で下車して、『ブルックリンブリッジ』を歩いて渡ること。

出典:https://gatta-media.com

この橋は、ニューヨーク・マンハッタンの東側を流れる、イーストリバーに架かり、アメリカでもっとも古い吊り橋なのだそう。心地よい風に吹かれながらのお散歩は、まさに最高の気分!

出典:https://gatta-media.com

この日は天気にも恵まれてとても開放的な気分を味わえました。観光客の方たちもたくさんいて賑わっていて活気があります。

 

焙煎にこだわるコーヒー店「Brooklyn Roasting Company」

川沿いにある『Brooklyn Roasting Company(ブルックリン・ロースティング・カンパニー)』は、2010年、焙煎工場を構えることからスタートしたコーヒーショップ。2011年には、カフェとラボが増設されました。

出典:https://gatta-media.com

コーヒー豆の質が良いと評判で、あまりコーヒーの味は分からない筆者でも、飲みやすく風味が良いことは分かりました。焙煎の職人、バリスタなどの方々から心からコーヒーを愛し、美味しい一杯を作り出したいという思いが伝わってきます。

出典:https://gatta-media.com

店内は広く、作業をしやすい席から自宅のようにくつろげるソファ席まであり、居心地は抜群! マンハッタンにいるよりも、ニューヨーカーに近づいた気分になります。ソファに沈み込みながら、友人と語りながら美味しいコーヒーを飲む時間は格別です。

 

キュートな手作りスイーツ店「One Girl Cookies」

『Brooklyn Roasting Company』は、男性的でスタイリッシュなコーヒーカフェでしたが、次は、ザ 女の子!という雰囲気のガーリーなカフェ『One Girl Cookies(ワン・ガール・クッキー)』をご紹介します。

出典:https://gatta-media.com

ひと口サイズのクッキーには、『レナ』や『ジュリエット』などアメリカの女の子によく使われる名前がついているのが可愛い! クッキーは、いずれも素朴で優しい味です。プチサイズなので、食事の後にも立ち寄りやすいのもいいですよね。

出典:https://gatta-media.com

2005年にブルックリンの住宅街で創業したお店で、こちらダンボのお店は2号店。すべてオールハンドメイドのスイーツを扱っていて、“ウーピーパイ”人気の先駆けともなったお菓子屋さんです。今では、ブルックリンに3店舗あります。

出典:https://gatta-media.com

大きな窓が印象的な店内。大きいから柔らかな日の光もたくさん入ってきて、居るだけでなんだかハッピーな気持ちにしてくれますよ。

 

川沿いからマンハッタンの景色を眺めて

ブルックリンブリッジの袂の地『DUMBO(ダンボ)』の名前の由来は、Down Under the Manhattan Bridge Overpass(マンハッタン橋高架道路下)という意味だそう。

出典:https://gatta-media.com

『Main Street Park(メインストリートパーク)』から見たマンハッタンのダウンタウンの夕景は、思わずため息が漏れるほど美しかったです。どの時間に訪れてもおすすめの場所なので、ぜひ開放的な場所で対岸のマンハッタンの摩天楼を眺めてみてくださいね。

出典:https://gatta-media.com

ブルックリンへは橋を渡る以外に電車やタクシーはもちろん、イーストリバーフェリーに乗って行くこともできます。筆者もフェリーで行ったことはまだないので、今度はマンハッタンを横目にクルージングをしてみたいと思っています。

 

今回お伝えした場所は、広いブルックリンの中でもコンパクトなエリアに集中していて無理なく歩けるので、川沿いを散策しながらカフェ巡りをゆる~く楽しむのがベスト。次回のニューヨーク滞在では、ブルックリンまで足を伸ばしてニューヨークを暮らすように満喫してみては?

 

【旅のinfo】

※ Brooklyn Roasting Company(ブルックリン・ロースティング・カンパニー)

※ One Girl Cookies(ワン・ガール・クッキー)

【関連記事】

※ NYマンハッタンのホットエリア「ミートパッキング地区」でアート散歩

※ 沖縄のアメリカンビーチタウンで見つけた、地元で人気のおしゃれカフェ