GATTA(ガッタ) > Beauty > 忙しい朝でもすぐ、簡単、完璧!「時短メイク」how to【アイメイク編】
beauty

忙しい朝でもすぐ、簡単、完璧!「時短メイク」how to【アイメイク編】

2019.03.05 21:00

寝坊してメイクする時間がない……忙しい日々を送っているとそんな時もありますよね。特に時間がかかるアイメイクは、なかなか時間が削ることができません。

そこで今回は、時間がなくて準備に追われている方でも簡単に実践できる『時短メイクhow to』をご紹介します。

#コスメ 記事もチェック!

 

1: まぶたに薄くファンデーションをぬる

アイシャドウをきれいに発色させるには、アイシャドウベースを先に塗るのが理想です。とはいえ、時間がない朝にこの手間をかけるのは難しいものですよね。そこでおすすめしたいのが、ベースメイクをする際、まぶたにもファンデーションを薄く塗っておくこと。これにより、まぶたのくすみや赤みが飛んで、アイシャドウ本来の色を楽しめます。

ポイントは、ファンデーションをあくまでも薄くぬること。塗りすぎるとアイシャドウがよれる原因になります。

 

2:指ぬりアイシャドウで時短!

1秒でも短くアイメイクを仕上げるなら、アイシャドウは指ぬりがおすすめ。カラーはお肌になじみやすいベージュ系や定番のブラウンなど、使いやすいものを選ぶようにしてみてください。パールの入ったタイプなら指でオンすることで自然な透明感を演出してくれますよ。

指の腹にアイシャドウをとったら、指を車のワイパーのように左右に動かしながら、アイホール全体に色をのせていきましょう。

ただ、目元の皮膚はとても薄くてデリケート。摩擦によって目元のシワなどの原因となってしまうことも。急ぐあまり雑にこすりつけて塗ることは避けてください。

まぶたにアイシャドウがのったら、この後がポイント!  アイシャドウの境目を、なにもついていない指でなぞってぼかしてください。この一手間で、自然な陰影を作ることができます。

アイシャドウがついた指で同じことを行うと、色がどんどん広範囲に広がってしまい、メイクが濃い印象になるので要注意です。

 

3:さっとひと塗り!肌なじみの良いワンカラーシャドウ

アイシャドウを時短で終わらせるもう一つのテクニックとしては、ワンカラーで彩っていくことです。この時、2のように指でシャドウをオンすると時短にもなりますし、きれいに発色するのでおすすめです。

カラーは肌なじみのよいものがおすすめ。ワンカラーでもはっきりした目元を演出するなら、ブラウン系のオレンジをセレクトしてみて。ひと塗りでも印象的な目元になり、ノーメイク感を一切出さず時短を感じさせません。

 

4: 二重幅の重ね塗りで深みUP

アイシャドウは一度塗りでももちろんOKですが、より目の印象を強くしたいとき、もしくはアイライナーなしでナチュラルにしたいときは、二重幅にアイシャドウを重ね塗りするといいでしょう。

小指に少しだけアイシャドウをとり、二重幅をなでるように優しく重ねます。

この一手間をかけることで、単色アイシャドウでも深みのあるグラデーションが生まれますよ。

単色アイシャドウであれば、どんなカラーでもOKなので仕事に使えるブラウンから、春らしいピンクやオレンジなど、好きなカラーでアイメイクを楽しんでみてくださいね。

 

5:まつげはササっとナチュラルに

アイシャドウの締め色などを使って、丁寧にぱっちり目に仕上げるのは時短メイクには向いていません。でもノーメイクのような薄い印象を与えたくないなら、まつげはかかせないパーツ。ビューラーでカールをつけ、まつげの根元から毛先に向けてギザギザとマスカラを塗っていきましょう。

おすすめは、下地とセットになっているロレアル パリの『ダブルエクステンション ビューティ チューブ』(2,000円(税抜))!

1本で2本分の役割をこなしてくれるので、時短はもちろん、持ち運びにも便利です。下地を使うのと使わないのでは、目ヂカラに差がつきます。さりげなく“仕込み”を意識して、存在感のあるまつ毛に仕上げましょう!

軽めにすることで時短にもなり、ナチュラルでエアリーなまつげに仕上がり、抜け感あるかわいらしい女性を印象付けてくれますよ。

 

6:アイラインはざっくり隙間を埋めて

リキッドアイライナーを使ってアイラインを時短で引くのは、かなりのテクニックを要します。

急げば太くなってしまったり、慌てると手が震えてしまったりと悪循環。そんなときはペンシルアイライナーで、まつげの隙間を埋めるインサイドラインで仕上げていきましょう。まぶたをあげて、粘膜とまつげの隙間にアイラインをのせます。

ペンシルは柔らかいタイプのものがおすすめです。慣れていない方でも使いやすいですよ。大人かわいく仕上げるなら、カラーはブラウンをセレクトしてみてくださいね。

 

7:眉毛はパウダーとマスカラでナチュラルメイク!

ペンシルで丁寧に眉を描こうとしてもなかなか上手く描けず時間がかかってしまう……ということありませんか? そんなときにオススメなのがパウダータイプのアイブロウと眉マスカラの2アイテム使い。

ブラシでサッと形を整えた後、薄めに眉マスカラをつけトーンを合わせるだけなので、ペンシルで眉を描くよりずっと簡単!

ナチュラルに仕上がるので、いかにも“メイクをしました”といった感じにはなりません。

 

8:時短にぴったり『3 in 1コスメ』おすすめアイテム

まずはプチプラの『キャンメイク パーフェクトマルチアイズ』(全4色 / 780円(税抜))がおすすめ。アイシャドウ、アイブロウ、アイライナーとしてマルチに使える便利なコスメです。

ナチュラルなブラウンベースの組み合わせは季節やシーンを選ばないので、ヘビロテできること間違いなし!

カラーバリエーションは全部で4種類。全色まとめ買いをするのも良さそうですね。その日のファッションに合わせて使い分けをすると、おしゃれ度がグッとアップするでしょう。

『花王 ソフィーナ オーブ ブラシひと塗りシャドウN』はまさに時短メイクアイテムの女王! 簡単にアイシャドウを塗ることができると大人気です。

パレット上段の“まぶたベース”を指でまぶた全体へ広げたあとに、ブラシで“3色シャドウ”をひと塗りするだけで奥行きのあるアイメイクが完成します! 最後に下段のパウダーライナーをチップで目のキワに入れると、より引き締まった目元になりますよ。

何色もアイシャドウを重ね塗りしていたという方も、これならブラシひと塗りで良いので、目元に凹凸を演出する鮮やかなグラデーション作りが簡単にできます。

 

時短とはいえ、どれも時間をかけて丁寧にメイクをしたような仕上がりになりますね。ぜひこの機会に、忙しい朝のための時短メイクを取り入れて見てください。

【おすすめ記事】

全部1,000円以下!コスメマニアがリピ買いする実力派リップ3選

アイシャドウがまぶたの奥に隠れる!奥二重さんのためのプロ直伝メイク術

どうやって選べばいい?自分に似合う「リップ」の見つけ方3STEP

【参考】

簡単に大人かわいく仕上がる!手抜き感ナシの「時短アイメイク」テク
これ1本でメイクが完成?寝坊した朝に頼れる優秀「時短コスメ」3つ
忙しい朝に!40秒できれいに仕上げる単色アイシャドウメイクのコツ3つ
時短だけど手抜き感なし!忙しいママのためのメイクテク