GATTA(ガッタ) > Interior > 「めんどくさい」をなくす、ラク家事を叶える収納の工夫
interior

「めんどくさい」をなくす、ラク家事を叶える収納の工夫

2017.09.20 21:00
出典:https://gatta-media.com

普段の家事で、動くことを面倒に感じてしまい放ったらかしにしてしまうことってよくありますよね。ですが、その面倒さを軽減する収納の仕組みを作れば、家事を劇的にラクにすることができるんです。

そこで今回は、筆者宅で実践している“めんどくさい”をなくすための工夫をご紹介します。

 

ゴミ袋替えのストレス軽減〜洗面所編〜

出典:https://gatta-media.com

写真は、筆者宅の洗面台の上に置いているゴミ箱。いつも4〜5枚ゴミ袋を重ねがけして、ゴミがたまったらサッと取り替えられるようにしています。

ですが、このゴミ袋をストックしているのがキッチンの食器棚。たった4〜5回に1回程度ではあるものの、わざわざキッチンまで取りに行くのが面倒でついゴミがたまっていてもそのままに……となりがちでした。

出典:https://gatta-media.com

そこで、キッチンまで行かなくてもパッと袋補充ができないか考え、100均で粘着フックを購入。

洗面所の鏡裏にその粘着フックを2つ貼り付け、そこに両端を輪になるように結んだ紐をひっかけたストック用のゴミ袋をかけると、簡単にゴミ袋収納スペースが完成しました。

こうすることで、ゴミ袋補充したい!と思ったときにすぐ補充できるのでゴミ袋替えのストレスを軽減できます。

 

ゴミ袋替えのストレス軽減〜リビング編〜

出典:https://gatta-media.com

筆者宅で同様にゴミ袋替えが必要になるのが、こちらのリビングのゴミ箱。

ここは扉裏収納とはいかなかったので、すぐ横のキャビネットのカメラ収納のスペースの隙間にゴミ袋を収納してみました。 これで移動しなくてもパッと袋替えができます。

「ここは○○の収納用だから」と先入観を持たず、隙間を活用することで快適な収納を実現することができますよ。

 

トイレでも「めんどくさい」をなくす収納

出典:https://gatta-media.com

筆者宅ではトイレでも“めんどくさい”をなくす収納の工夫をしています。それは、洗面ボウルをお掃除する『メラミンスポンジ』のプチ収納スペース。

サッとお掃除できるように洗面ボウル下のデッドスペースに袋をひっかけて収納。こちらもお掃除ストレスを軽減するのに役立っています。

 

面倒なことを見つけたときは、収納を改善するチャンスでもあります。ちょっとした工夫で家事ストレスが改善できるのでぜひやってみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 散らからないリビングに。簡単にできる書類&郵便物の片付けテクニック

※ これならできそう!途中で挫折&リバウンドしないお片付けの法則