GATTA(ガッタ) > Interior > 「モノが多い」「狭い」部屋でもすっきり見せるインテリアの工夫
interior

「モノが多い」「狭い」部屋でもすっきり見せるインテリアの工夫

2017.09.11 20:00
出典:https://gatta-media.com

お買い物好きな筆者宅は、基本的にモノが多いです。そして、普通のマンション住まいなので、そこまで家が広いわけでもありません。

そのため、モノが多い狭い家でもなるべく広くすっきり見えるようにインテリアを工夫しています。

そこで今回の記事では、“モノが多い”、“狭い”部屋でもすっきり見せるために筆者宅で実践しているインテリアの工夫をご紹介したいと思います。

 

明るめカラーで色味を統一する

出典:https://gatta-media.com

筆者宅のリビングのテーマカラーは、

・ベースのグレー

・家具の無垢、ナチュラルカラー

・差し色にイエロー&ブルー

という感じで統一しています。

元々のマンションのベースカラーが濃い目のブラウンだったので、以前はブラウン系の家具が多かったのですが、狭い空間を少しでも広く見せるため、明るめの色味に統一しました。その一例がダイニングテーブルとチェア。

出典:https://gatta-media.com

こちらは以前の筆者宅の写真ですが、サイズは今よりだいぶ小さいのに色味のせいで結構圧迫感がある印象でした。

今はダイニングテーブルのサイズも1.5倍になり、ダイニングチェアも4つに増やしましたが、かえって以前よりすっきり見えています。

子供部屋も同様に、色味を変えたら印象が変わりました。

<Before>

出典:https://gatta-media.com

<After>

出典:https://gatta-media.com

カラフルなマットを無垢のタイルカーペットに入れ替えたところ、だいぶスッキリ見えるように。

 

ごちゃつくものは「置かない」「隠す」

やはりすっきり見せるための一番の鉄則は、“置きっぱなしにしない”ということだと思います。

以前『散らからないリビングに。簡単にできる書類&郵便物の片付けテクニック』でも書きましたが、家に入ってくる郵便物類はなるべく早く処理。

そして、日用品類もちゃんと定位置を決めて基本はキャビネットなどにしまって”置かない”ということが大事です。

出典:https://gatta-media.com

そして、キッチンカウンターをすっきり見せる強い味方なのが、こちらの『RIG-TIG』のブレッドボックス。

バナナやスティックパン、処方薬などキッチンに置きがちなごちゃつくものはこちらに収納して隠してしまいます。大容量なのですっぽり隠せるのも便利です。

 

出しっぱなしにするならスタイリッシュに

出典:https://gatta-media.com

”置かない”が基本の我が家のリビングですが、ティッシュやゴミ箱、リモコンなど出しておかないといけないものもあります。

そういったモノは、オシャレな木製のモノを選び、出しっぱなしでもごちゃついて見えないように。

リモコンは伏せておくとボタンが見えないものを使うことで、キッチンカウンターになじませて生活感が見えないように工夫しています。

 

限られたスペースでも、できるだけ広々と見えるようにして圧迫感のない生活をしたいですね。

 

【関連記事】

捨てることが苦手な人が知るべき、モノとの向き合い方・手放し方

 いくつ当てはまる?片付かない家「あるある」とその対応策