GATTA(ガッタ) > Hair > ちょっと工夫でこなれ感UP!「ショートヘア」スタイリングのコツ10選
hair

ちょっと工夫でこなれ感UP!「ショートヘア」スタイリングのコツ10選

2019.03.11 22:00

暖かくなるこれからの季節に人気のショート&ショートボブヘア! ショートヘアに憧れるけれど、なかなかスタイリングが思い通りにいかないし毎日やるのは大変……。そう思っている方は多いはず。

そこで今回は自分でも簡単にできるショートヘアのためのスタイリングのコツをご紹介します。

#ヘアスタイリング記事もチェック!

 

1:「耳掛け×ピアス」でこなれる

ショートスタイルはどうしても重く見えがちですが、ウェットな質感にするだけでこなれ感が演出できます。オイルを使ってウェットな質感を出していきましょう。

そして、一番のこなれポイントは今流行の“耳掛け×大きいピアス”です。トレンドの耳掛けショートヘアのシルエットが、ピアスをつけることでさらに映えますよ!

オイルを全体にしっかりなじませたら耳にかけ、ピアスをつけるだけなので、本当に簡単で時短もできちゃうスタイリング法です。

少しエアリー感を出したい場合は、ストレートアイロンなどを表面に通してからオイルをつけてみてください。ふんわりした質感に仕上がります。

 

2:外ハネ×ヘアワックスでニュアンスを!

短めボブなら、断然、外ハネがおすすめです。こちらのスタイリングも先ほど同様、ストレートアイロンとオイルのみでスタイリングしています。

ストレートアイロンでハネさせるというよりは、軽くスーッと通す気持ちで外ハネをつくるのがポイントです。

 

3:毛先を内巻き「ワンカール」はワックスで毛束感演出

不器用さんでもできるボブのスタイリングがこちら。毛先だけ“ワンカール”内巻きにするスタイルはいかがでしょう? カジュアルになりがちなボブも、毛先がワンカールしているだけでフェミニンな印象に仕上がります。

もう少し凝ったヘアアレンジにしたい場合は、毛先だけを内巻きにし、残りはトップ(はちうえ)のみ根元付近からフォワード、リバース交互に巻くことでスパイラル状のおしゃれな髪型にセットできます!

 

4:前髪にスキマをつくり抜け感&束感UP

ショートヘアの場合、前髪には“スキマを作ること”をおすすめします。重たく厚めの前髪は輪郭を強調しやすいので、前髪にスキマをつくって抜け感や、やわらかさを出すのがポイントです。

カットで少し軽めの前髪にしておけば、スタイリングのときにワックスで簡単に束感やスキマをつくることができますよ。

 

5:トップにボリュームを出し大人な立体感を

ショートヘアはトップが潰れると、ぺったり重たく見えます。髪の毛がぺったりすると顔の輪郭が強調され、顔が大きく見えがち。

トップにボリュームがあることでひし形のバランスになり、小顔効果UPが期待できるので、トップにしっかりボリュームを出すアレンジをしてあげましょう。

 

6:明るいカラー&パーマ風のウェーブで透明感ヘアセット

すこし華やかに見せたいときには“巻き髪スタイリング”がおすすめ。ただし、ショートヘアで巻き髪をするときに適当に巻いてしまうと、髪の毛にボリュームが出過ぎて頭が大きくみえることも……。

前髪から髪の表面に向かって、リバース巻きとフォワード巻きを繰り返していきましょう。髪の内側は巻き過ぎないのがポイントです。

タイトに抑える部分とボリュームを出す部分のバランスが大切です。髪の表面に動きやボリュームを出して、内側はタイトにしてください。使うアイロンは19mmか25mmがおすすめです。

 

7:どんな髪質にもおすすめ!ショートボブのハーフアップ

用意するのは“ゴム2つ”のみ。

(1)トップを少なめに結び、つまむように引き出し質感をゆるめます。

(2)ゴムの位置を下げます。

(3)左右の顔まわりの毛をリバースにねじり、後ろであわせて結びます。

(4)毛先を二股にわり、ゴムの位置を上げます。

ポイントは、トップを結んだゴムを引き下げて、その上に2つめの結び目を重ねることです。

ゴムを2つ使っているので、しっかり固定され1日中働いてもアレンジをキープできますよ。顔まわりにはおくれ毛を薄く作って、トップはたっぷり引き出し質感をゆるめれば、こなれて大人な雰囲気になります。

 

8:ヘアアイロンいらず!簡単&おしゃれな高めお団子ヘア

(1)耳くらいから上を、両手を使いジグザグにわけてとり、シリコンゴムで結びます。

(2)結ぶ時に毛先を抜き切らない、ちょんまげの状態をつくります。

(3)出ている毛先をゴムの結び目に巻きつけるようにして、アメピンでとめます。(バレッタなどを使いとめるとより頑丈にとまります!)

(4)前髪の量を減らすようにして軽くねじり上げてアメピンでとめます。

(5)ワックス(シアバター系ワックス)を前髪と後ろ髪の毛先につけます。

アイロンなしでも、ワックスをつけると“ちゃんとセットされている感”がでます。

 

9:顔回りがすっきり!ナチュラル感抜群のヘアスタイル

(1)顔まわりの毛束を二股に分けて、クロスしながら絡ませて編んでいきます。

(2)毛先まで編んだらゴムでとめます。

(3)編まれた部分から少量ずつ毛束を引きだして質感をゆるめます。

(4)反対側にも同じものをつくります。

(5)後ろで2つを合わせてバレッタなどでとめゴムをとります。

ロープ編みはコツさえつかめばいろいろなアレンジに使えて役立ちますので覚えておくことをおすすめします。

髪の長さはボブ〜ロングまで同じ方法でできるので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

10:ストレートでも可愛い!大人女子に人気の前髪スタイリング

(1)全体をお好みで巻いていきます。(今回はボブなので外巻きにしています)

(2)小指を使いセンターをジグザグにわけます。

(3)両手で前髪付近の髪をもち、外側にねじりながら後頭部に持っていきます。

(4)小さめのバレッタを使いとめます。

使用したのは、小さめのシルバーバレッタ。シンプルなバレッタはいろいろなヘアアレンジに使えるのでおすすめ。
自分に合った巻き方や髪型、バレッタのデザイン次第でいろんなスタイルを楽しむことができますよ。

 

一見難しそうなショートヘアでもスタイリングの種類は無限大ですね。ぜひ自宅でも試してみてください!

【おすすめ記事】

知っておくと役立つロープ編みアレンジ【#みち子アレンジ】

丸顔さんにも似合う!美容師がおすすめするショートヘアスタイル3選

大人の「ショート」おすすめパーマスタイル6選&長持ちさせる乾かし方

30代女性の「差がつく」大人のヘアケア(Sponsored)

【参考】
※ ボブヘアで大人アレンジ!外ハネ・内巻きなど立体感ある人気のおすすめスタイル10選
※ 髪が上手くまとまらないときに。バレッタひとつで華やかヘア【#みち子アレンジ】
老け見えを回避せよ!NGショートスタイル6つ&おすすめおしゃれヘアアレンジ7選
美容師が教えます!こなれて見える「ショートボブ」スタイリングのコツ