GATTA(ガッタ) > Beauty > 肌に元気がないときに。大人なら常備しておきたい「お守り」コスメ
beauty

肌に元気がないときに。大人なら常備しておきたい「お守り」コスメ

2017.09.02 20:00

残業続きで疲れが溜まっている。うっかりクレンジングをせずに寝てしまった。飲み会が多くて栄養が偏っている。こんなタイミングで気になるのが、肌のコンディションですよね。

くすんで顔色が悪くなるくらいならいつものメイクでカバーできますが、ニキビができるなどして荒れてしまった場合は、使用するコスメを見直す必要があります。

今回は、そんな肌トラブルが起きたときにおすすめのコスメをご紹介。いざというときに頼れる“お守りコスメ”、あなたも常備しておきませんか?

 

ベースはBB&CCクリームにお任せ

肌荒れが気になるときは、スキンケア効果が高く期待でき、肌に負担をかけにくいベースアイテムを選びましょう。おすすめは、BB&CCクリーム。普段のメイクなら、これにフェイスパウダーだけでもOKなので、時短にもつながります。

エスケーツー『アトモスフィア CC クリーム』(写真上 ※旧パッケージ)、ランコム『UV エクスペール BB』(写真下)
出典: GATTA(ガッタ)

筆者のお気に入りは、エスケーツーの『アトモスフィア CC クリーム』(写真上 ※旧パッケージ)と、ランコムの『UV エクスペール BB』(写真下)。どちらも軽やかな塗り心地でありながら、肌トラブルをきちんとカバーし、美肌に見せてくれる名品です。また、紫外線などの外的刺激から肌をしっかりと守ってくれるのもうれしいポイント。

肌が荒れているとき、「刺激になるからメイクはしない」という声も聞きますが、無防備な状態で外に出てしまうと、外的刺激によって肌荒れが悪化することも。肌のコンディションが悪いときこそ、BB&CCクリームでバリアをつくるようにして。

 

リップは保湿力にこだわりたい

顔のパーツの中で最も乾燥しやすい部位の1つである唇。少しでもケアを怠ると、ガサガサになって皮むけしてしまいますよね。

そんな唇荒れが気になるときにおすすめのリップがこの3本です。

ディオール『ディオール アディクト リップグロウ(001)』(写真上)、キールズ『バタースティック リップトリートメント(ローズ)』(写真中)、スック『モイスチャー リッチ リップスティック(10)』(写真下)
出典: GATTA(ガッタ)

いずれも保湿力が非常に高く、リップクリームやバームのような塗心地。荒れている唇に十分な潤いを与えて、トラブルをなかったことにしてくれます。

もちろん、カラーの美しさも絶品。『ディオール』ならナチュラルに、『キールズ』は華やかに、『スック』はおしゃれに仕上がりますよ。

 

肌に優しい成分のコスメも要チェック

肌荒れしたときに安心して使えるのが、ミネラルなどの肌に優しいといわれる成分でできているコスメ。“肌に優しいコスメ=発色が悪い”と思っている方は少なくないと思いますが、最近は優秀なコスメがどんどん発売されています。

エトヴォス『ミネラルルージュ(ココアベージュ※数量限定カラー)』(写真左)、セルヴォーク『ヴォランタリー アイパレット(03※数量限定カラー)』(写真右)
出典: GATTA(ガッタ)

『エトヴォス』のリップは、天然ミネラルと植物由来オイルでできており、なんとクレンジングも不要。唇をいたわりつつ、美しい顔に仕上げてくれます。大人っぽいカラー展開も見逃せないポイントです。

『セルヴォーク』のアイシャドウは、シリコンやパラベンといった肌の刺激になりかねない成分を排除してつくられています。さらに、ローズヒップをはじめとした美容成分も配合。それでいてしっかりと発色してくれるので、まさに感動ものです。

 

肌や唇に元気がないときは、今回ご紹介したお守りコスメをぜひ使ってみてくださいね。疲れているときほど丁寧に肌の声に耳を傾けて、優しくいたわるメイクを心がけてください。

※ ひどい肌荒れが長期間続いたり、コスメに刺激を感じたりする場合は、すぐにメイクを落として皮膚科へかかりましょう。

 

【関連記事】

※ 脱マンネリ!いつものブラウンパレットでできるアイメイク4パターン

※ 秋まで楽しめる。周りと差がつく大人の垢ぬけ夏ネイル3パターン

  • URL
  • Instagram
ライター
大学卒業後、営業職・事務職を経て2014年1月よりライターとして活動開始。歯科求人を扱う企業で専属ライターとして1年ほど勤務した後、フリーランスに転向し、編集者としても活動。得意なジャンルは、医療・美容。日本化粧品検定1級、メイクアップアドバイザー検定保有。
From中島香菜・・・「バリバリのキャリアウーマン、専業主婦……どんな立場にいても、すべての女性が自分の選択した働き方・生き方に自信をもって思い切り楽しんでほしいです。」