GATTA(ガッタ) > Beauty > どんなに疲れた日でも「最低限これだけはやるべき」スキンケア
beauty

どんなに疲れた日でも「最低限これだけはやるべき」スキンケア

2017.09.02 21:00

どんなに疲れていてもメイクオフや保湿は怠らないようにしたいところ。とはいえ「もう何もできない……」という日もありますよね。

そこで今回は、数か月後、数年後に後悔しないために、何もできないくらい疲れていても最低限やっておくべきスキンケアを、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

 

クレンジングはマスト

お肌のためには、メイク汚れは残さないでおきたいもの。皮脂とメイク汚れが混ざったものをオフせずに寝てしまうと、毛穴詰まりや吹き出物の原因となることもあるので、必ずその日のうちにオフしましょう。

疲れすぎてお風呂に入る余裕もないというときは、応急処置として拭き取りタイプのクレンジングアイテムを。洗い流すタイプのものよりお肌への負担が気になるところですが、簡単にメイクオフしたいときには使えるアイテムです。

とにかくメイクオフしないまま寝てしまうことは避けるようにしましょう。

 

化粧水+クリームのシンプルスキンケア

普段はあらゆるアイテムをフル活用してスキンケアをしているけれど、少しでも時短したいというときはシンプルにシフト。お肌に水分を与え、油分でフタをするというたった2ステップにしてOKです。

乾燥しがちだけど化粧水を何度も重ね塗りをするのが面倒というときは、シートマスクで保水をしてからクリームでフタをするというテクニックもおすすめ。

 

どうしてものときはオールインワン

キメが細かく潤いあふれる肌を保つには少し物足りない気もするオールインワンのスキンケアアイテム。だけど疲れているときなど少しでもスキンケアを時短したいときは活用するのもアリです。

 

もう何もできないくらい疲れた……、寝る前にスキンケアをする元気すらないという……という経験は、誰でも一度くらいありますよね。だけどメイクをしたまま寝てしまうと肌トラブルや肌老化につながることも。

後悔しないためにも最低限やっておくべきスキンケアは押さえておきたいですね!

 

【関連記事】

※ 実は簡単なことだった!? 美肌さんがやっている肌のくすみケアとは

※ 時短でも乾燥知らず!? うるツヤ美肌さんの賢いスキンケア術

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」