GATTA(ガッタ) > Interior > 油汚れは消しゴム感覚で落とせ!? キッチン掃除「使い捨て神グッズ」3選
interior

油汚れは消しゴム感覚で落とせ!? キッチン掃除「使い捨て神グッズ」3選

2019.03.02 21:30

家事で愛用するものは、“買う手間”も“出費”も少なくて済むように、長持ちするものを探してしまいがちです。けれど実は、“使い捨て”のものの方が、商品として優れていたり、結果的に手頃だったりすることもあるんです。

特にキッチンで使う道具は、衛生面を保つうえでも“使い捨てグッズ”が思いのほか使いやすかったりすることも。

そこで今回は、なかでもキッチン掃除に便利な“使い捨てなのに高品質なアイテム”を、インテリアブロガーのsumikoさんに教えてもらいました。

#掃除 記事もチェック!

 

1:キッチン掃除の代表選手といえば「メラミンスポンジ」

ホームセンターや100円ショップでも気軽に手に入る“メラミンスポンジ”。既に使っている方も多いアイテムでしょう。

研磨して汚れを落とす素材なので、「キッチンまわりにも使っていいの?」と心配されがちですが、メッキ素材の蛇口などの水アカ汚れには最適です。

また、マグボトルや水筒の茶渋などもスルンと取りやすいので、今までコツコツと定期的に漂白していたという方はぜひ一度試してみてください。

 

2:頑固な焦げには「消しゴムみたいな」アイテムを

そしてコンロ周りの掃除におすすめなのが、100円ショップのセリアで取り扱いのある『グリルみがき』。

堆積した油汚れを消しゴムでこするように掃除します。細かい部分を磨くグッズは軟弱な素材のものが多いなか、この商品はしっかりした作りで汚れ落ちもバッチリです。

ベトベトな油汚れ落としには、潔く使い捨てグッズを使えば掃除のハードルも下がりますね。

 

3:ただの使い捨てじゃない!高コスパな「ペーパータオル」

“食器拭き”は、頻繁に漂白剤に浸けおきしないと雑菌が繁殖しやすく、衛生管理に手間のかかりますよね。

そんなときは、ただの“使い捨て”ではなく、何度か洗ったり絞ったりができる耐久性のあるペーパータオルが代用品としておすすめです。

“使い捨て”とはいえ、一度使って終わりではなく、何度か使うことができるので比較的経済的。

布巾も永久に使えるわけではないので買い替えのコストはかかることを考えると、汚れや臭いが気になったら新しいものをカットして交換する気楽さは魅力的ですね。

 

衛生管理の手間を減らせるだけでなく、汚れ落としの実力も侮れない近頃の“使い捨て”グッズ。

使ってみたら逆に高コスパになることもあるので、要チェックですよ。

【おすすめ記事】

「フック」を使ったすっきり収納3パターン

狭い部屋をすっきり広く見せるアイデア4つ

クローゼット整理に使える「便利グッズ」3選

冬こそ知りたい「クレンジング」の選び方(Sponsored)