GATTA(ガッタ) > Bodymake > パンパンふくらはぎ改善を目指す!超簡単「踏むだけ」むくみケアマッサージ
bodymake

パンパンふくらはぎ改善を目指す!超簡単「踏むだけ」むくみケアマッサージ

2019.03.03 20:30

ふくらはぎの冷えやむくみ、生理の前や最中。女性は何かと脚に悩みを抱えがち。特にふくらはぎがパンパンになっているときは、エクササイズや筋トレを行うよりも、マッサージがおすすめだそう。

そこで今回は、ヨガインストラクターのyuukaさんに、“踏むだけ”でOKのマッサージ法を教えてもらいました。パンパンでだるくなったふくらはぎを、きっと楽にしてくれるはずです。

#マッサージ 記事もチェック!

 

パンパンふくらはぎは、まずほぐしましょう

冷えからくる脚のむくみは、ふくらはぎをほぐすことでケアしましょう。

むくみやすい生理前や生理中は、むくみだけではなく、だるくて眠れなくなることもありますよね。そんなときは脚を温めるだけでは改善されにくい状態といえます。

とはいえ、マッサージはいざやろうと思っても面倒くさいものですよね。そんなときにおすすめなのが、踏むだけマッサージです。筆者もテレビを見ながら行ったり、ヨガレッスンの前半に取り入れたりしています。

 

お尻で踏むだけ簡単「ふくらはぎマッサージ」

(1)四つ這いの姿勢になります。

(2)ふくらはぎが重なる位置で両脚をクロスします。

(3)クロスしたふくらはぎの上にお尻を置いて、脚を踏みます。

(4)お尻を揺すりながら、ふくらはぎをマッサージします。

(5)少しずつ場所をずらして、ふくらはぎの上部、真ん中、足首の少し上の3点を重点的にほぐします。

(6)反対側も同様に行います。

 

ふくらはぎがだるいときは、足首の上あたりが硬く張っていることが多いです。お尻で踏むのが痛ければ、体重のかけ方を調整しましょう。テレビを見ているときやお風呂上がりの温まった体のときに行うのがおすすめです。

気持ち良くてスッキリするマッサージなので、生理前のだるさケアにも取り入れてみてくださいね。

【おすすめ記事】

お手頃なのに優秀「宅トレ」に使える100均グッズ

「お家1分ヨガ」で簡単ダイエットを目指す

たった30秒「ペタンコお腹」を目指すエクササイズ

美肌をつくる「正しい洗顔」4ステップ(Sponsored)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」