GATTA(ガッタ) > Leisure > リゾート内で遊びつくす!「クラブメッド」で南仏スタイルのバカンスを
leisure

リゾート内で遊びつくす!「クラブメッド」で南仏スタイルのバカンスを

2017.08.25 22:00

毎年、本当の意味で、バカンスを満喫している日本人は、どのくらいいるのでしょう?

「きちんと働いたら、きちんと休む」―そのような考え方をしっかりと提案してくれるのが、フランスに本部を置くリゾート『クラブメッド』です。

その中でも、コートダジュール空港のある南仏のニースから車で約30分の場所に位置している『Club Med Opio En Provence(クラブメッド オピオ アン プロバンス)』は、映画祭で有名なカンヌにもほど近く、オリーブ畑と松林に囲まれた、ヴァルボンヌの丘の上にあります。

 

オールインクルーシブの会員制リゾート

出典:https://gatta-media.com/

そもそも『クラブメッド』は、もともと1950年にフランスで生まれた会員制リゾート。現在では誰でも利用できるリゾートとして、世界各国に約70カ所ほどあります。

特徴は、施設内に色々なアクティビティやイベントがあること。ホテル内から出ることなくバカンスを楽しめるんです。

そして、宿泊費に加え、飛行機代、食事代、スポーツアクティビティなどのレッスン代など、が含まれているので、滞在期間中、お金の心配をせずに過ごせるというシステム。だからこそ、フランス流の滞在型バカンスを思いっきり満喫できるというわけ。

 

プロヴァンスの豊かな食事に舌鼓!

出典:https://gatta-media.com/

『クラブメッド オピオ アン プロバンス』内になる『レストラン ル・プロバンス』では、地元の特産品を活かした、品質と独創性を兼ね備えた料理が、ビュッフェスタイルで味わえます。

出典:https://gatta-media.com/

パンやチーズなどの豊富さは、フランスならでは! 地元でとれた野菜やフルーツ、シーフードもふんだんに準備され、毎回メニューも変わるので、長めの滞在でも飽きずに楽しむことができます。

出典:https://gatta-media.com/

もちろん、オールインクルーシブなので、お腹と相談しながら思う存分好きなだけ食べてOK。ヨーグルトやグラノーラ、糖質や脂質を抑えた手作りパンなども準備されているので、食事制限のある方も調節が可能です。べビーフードコーナーもあるので、お子さん連れのお母さんもご安心を。

出典:https://gatta-media.com/

パノラマのテラスでは、美しいオープンスペースや、屋根付きスペースがあり、プロヴァンスの風景を楽しみながら食事ができますよ。筆者が滞在した日の夕暮れ時は、時おり風もふき、心地よく過ごせたことを覚えています。

出典:https://gatta-media.com/

また、『バー ラ・クロワゼット』は、ディナー前の食前酒を嗜んだり、午後にコーヒーを飲んでゆったり会話を楽しんだりと、時間を問わずにさまざまに活用することができます。

 

子連れ旅でも自分の時間を持てる!

『クラブメッド』では、ゲストのお世話をするスタッフをG.O(ジーオー/ジェントルオーガナイザーの略)と呼びます。G.Oからおもてなしを受けるだけではなく、彼らとともに楽しむというシステムも特徴的。

通常のホテル業務に加えて、各種アクティビティのレッスンやキッズのケア、さらには夜のエンターテイメントショーにも出演して、歌やダンス、コメディなどでゲストを楽しませるなど、実にさまざまな特技をもっているんです! 『クラブメッド』の楽しみは、G.Oによってもたらされるといっても過言ではないでしょう。

https://gatta-media.com/
出典: GATTA(ガッタ)

『クラブメッド オピオ アン プロバンス』の場合、子供たちには年齢に応じたキッズクラブがあり、担当G.Oのもとで同じような年齢の子どもたちと、一緒に遊んだり食事ができます。『プティクラブ』では、まだひとりで遊べないような赤ちゃんを預かってくれたり、ベビーシッターサービスも受けられるので、いつもなら旅行のたびに疲れを感じていたママも、安心しながらのんびり静かなひとり時間を過ごすことができます。

出典:https://gatta-media.com/

「少しは子どもから離れてのんびりしたい」という、親の気持ちまで叶えてくれるリゾート。ここなら小さなお子さんを連れての周遊型のツアー旅行に疲れてしまったママも、のんびりリラックスできるのではないでしょうか?

 

G.Oは世界各国の『クラブメッド』を半年から2年ぐらいの周期で異動しているそう。旅の間に親しくなったG.Oに会いに、どこか遠い国のクラブメッドを訪れてみる、なんていうのも夢がありますよね。

 

【旅のinfo】

※ クラブメッド オピオ アン プロバンス

【関連記事】

※ ハワイ初心者も楽しめる!新しくなった「プリンス ワイキキ」滞在レポ

※ この夏限定! 鎌倉「材木座テラス」にグランピングカフェ登場