GATTA(ガッタ) > Bodymake > 1日頑張ったむくみ脚に。お風呂上がりの簡単マッサージ
bodymake

1日頑張ったむくみ脚に。お風呂上がりの簡単マッサージ

2017.04.19 20:00

1日頑張って働くと、靴はキツイしふくらはぎはパンパンになってしまいますよね。

疲れてそのまま寝てしまうことも多いと思いますが、お風呂上りにちょっとケアをするだけで脚の重だるさが楽になりぐっすり眠れますし、翌日スッキリした脚で目覚めることができますよ。

また、これから脚を見せるファッションも増える季節。スラリとした脚で迎えたいところ。

そこで今回は、エステ歴15年の筆者が実践している脚のむくみをケアするマッサージをご紹介します。

 

スラリ脚を目指すマッサージ

マッサージしやすくするために、ボディクリームやオイルを全体的に塗布してからはじめましょう。

(1)足裏をほぐす

(C)GATTA

手をぐーにして、関節を使ってぐいぐい痛気持ち良いくらいの力加減でほぐしましょう。

(2)足の甲側を流す

(C)GATTA

指の腹を使って、足指の骨の間を流しましょう。

(3)足首の上をほぐす

(C)GATTA

アキレス腱の上あたりの足首を、関節を使って上下にほぐします。固くなりやすい場所で、ほぐれると足首がスッキリ見えるオススメポイントです。

(4)すねの両側をほぐす

(C)GATTA

足首からひざに向かって、上下に少しずつほぐしながら進みます。

(5)すねを流す

(C)GATTA

すねの太い骨の外側に親指をセットし、裏面の真ん中に四指をセットして、足首からひざに向かって流します。プチプチする感覚がなくなるまで流しましょう。

(6)ふくらはぎを流す

(C)GATTA

ふくらはぎのお肉を集めるように、両手交互に少しずつ上に流します。持ち上げるように行うと上手にできますよ。

(7)ひざ裏をほぐす

(C)GATTA

四本指でひざ裏をほぐします。

(8)全体を流す

(C)GATTA

両手で輪っかをつくり、足首から絞り上げてひざ上まで運びましょう。ほぐしたふくらはぎにある余分なものを集めるつもりでやってみてください。

 

お風呂上がりのリラックスタイムに取り入れるのがオススメです。毎日続けてみてくださいね。

 

国際中医薬膳師
大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。施術中心の生活を続ける中で、からだの不調や不定愁訴の相談をされることが多くなり、内側からのケア、特に食生活の大切さを感じたことから、薬膳の資格を取得。健康へのアプローチとして東洋医学との融合を目指している。
漢方を使ったお茶やスイーツをサロンで提供するほか、中医学の考えに基づく季節や体調に合わせた養生法などを提供している。現在は施術の他、エステ講師、美容ライターとして活動中。国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士
From 坂本雅代・・・「たくさんの輝いている女性にお会いしてきましたが、みなさん自分をよく知っている方ばかり。自分に似合うもの、自分らしさを大切にすることで、他者とは違うその人の魅力が増すのでしょう。また、心身健康であることの上に、美しさが成り立ちます。忙しい毎日をパワフルに過ごせるヒントになるようなことをお伝えできればと思います。」