GATTA(ガッタ) > Leisure > シンガポール在住ライター直伝!東南アジア旅行のマストアイテム5選
leisure

シンガポール在住ライター直伝!東南アジア旅行のマストアイテム5選

2019.02.27 21:00

時差も少なく日本からの飛行距離も短い東南アジアは、人気の海外観光スポット。

今回は、シンガポール在住トラベルライターの桑子麻衣子さんに、東南アジア旅行時に役立つマストアイテムを5つ紹介してもらいました。

#海外旅行 記事もチェック!

 

その1:日焼け対策グッズ

常夏の国々である東南アジア。日焼け対策グッズはマストです。日焼け止めはもちろん、ハットやサングラスなどかさばらない程度に持参しましょう。筆者の住むシンガポールは、赤道直下で紫外線が非常に強い地域。常日頃から日焼け対策は必須です。

ローカルの方や東南アジア在住者は、日焼け止めはマイルドなものよりもSPFが高めのものを選ぶ方が多いように感じます。

また、便利だからといって試供品を持参するのは、あまりおすすめできません。ただでさえ紫外線の強い環境なので、いつもご自身が使用している肌に合ったブランドのものを持参しましょう。もちろん、サングラスやハットなどの紫外線対策もお忘れなく!

 

その2:虫よけ対策グッズ

日本でも夏場は蚊よけ対策をする方が多いと思いますが、東南アジアの場合は一年中蚊よけ対策をする必要があります。「たかが虫刺され」と思うのは大間違い! 運悪くデング熱やジカ熱などに感染してしまうというケースも考えられます。

虫よけスプレーや虫よけパッチなどは香りの好みなどもあるので、日本から持参できるようであればそちらをおすすめします。ただ、季節商品ということもあるので、もし万が一購入できなかった場合は現地で購入しましょう。タイガーバームの虫よけパッチは子どもから使用できるのでおすすめです。

 

その3:薄手の羽織もの

「常夏の国だから薄着で大丈夫」と思いがちですが、東南アジアは室内は冷蔵庫のように冷房で冷やすのが一般的。お店はもちろん、バスや電車、タクシーの中も冷えています。

室内の寒さ対策のために、薄手の羽織ものはマストアイテムです。

 

その4:消毒アイテム

観光客向けの場所はきれいな所も多いですが、それでも日本に比べたら管理が行き届いていない場所も多いのが東南アジア。アルコール手指消毒剤や、除菌ウェットティッシュも持っておくと便利なアイテムです。

屋台のテーブルには食べかすなどが残っていることも多いので、手指の衛生管理だけではなくささっとテーブルもふけるので便利ですよ。

 

その5:ぺたんこ靴

「せっかくの旅行だし、おしゃれをしたい!」という方も多いかもしれません。けれど、東南アジアは日本のように道がしっかり舗装されているわけではないので、ヒールでの移動はかなり困難。たくさん歩くこともあるので、できればスニーカーや歩きやすいぺたんこ靴がおすすめです。

 

東南アジア旅行を控えている方は、楽しい旅行を送るためにぜひ参考にしてくださいね。

【おすすめ記事】

旅行ライターが教える「海外旅行の節約術」3つ

一生に一度は訪れたい「おこもり宿」3つ

迫力満点の別世界が広がる「蔵王の樹氷」

「コスパ最強シャンプー」でうるサラ髪へ!(Sponsored)

【画像】

※kazoka / Shutterstock

【参考】

※ WHO – The UV Index Worldwide