GATTA(ガッタ) > Hair > 忙しい朝にすぐできる!美容師おすすめ「寝グセ」予防と直し方
hair

忙しい朝にすぐできる!美容師おすすめ「寝グセ」予防と直し方

2019.02.24 20:00
出典: shutterstock

平日の朝はとにかく慌ただしい!

なるべく時間をかけずに寝グセを直して、ばっちりヘアスタイルで出社したいと思っている方は多いはず。

美容師の野澤琢眞さんによると、朝のスタイリングは髪の状態が大きく関係するそう。そこで今回は、寝グセを予防する方法やきれいに直す技を紹介してもらいました。

#ヘアケア 記事もチェック!

 

朝のスタイリングは夜のケアで決まる

朝起きたときの髪の毛の状態が良いほうがスタイリングは簡単にできます。

そのためには夜寝る前のケアを十分に行うことが大切。ポイントは、ズバリ“保湿”と“ドライ”です。

お風呂でシャンプートリートメントをする方が多いと思いますが、出た後も必ず洗い流さないトリートメントで保湿をしてからドライヤーをしてください。

寝る前のこのケアをを怠ってしまうと朝起きたときに髪の潤いがなくなってしまい、寝グセもつきやすくなってしまいます。

夜のうちにしっかりとケアをして朝のスタイリングをラクにしてくださいね。

 

ナイトキャップで寝グセを予防

寝グセの原因は髪が寝てい間に枕や布団に擦れることで起こる“摩擦”が原因です。

その摩擦を抑えるにはナイトキャップをつけるのがおすすめ。摩擦を抑えるだけではなく保湿効果もあるので寒い季節にもうってつけです。ただ、湿気が多いといわれている夏は、髪が蒸れすぎてしまう可能性があるので注意が必要。

シルク素材のものが髪の美しさを保つにはおすすめなので、ぜひ試してみてくださいね。

 

寝グセはトリートメントミストで直す

夜に十分気をつけていても寝グセはついてしまうもの。

寝グセは基本的には髪を濡らさないと直すことができません。髪のクセを直したり、形を形成するためには髪のなかにある“水素結合”を一度切り離し再形成する必要があるからです。この水素結合は髪を濡らすことで切り離せ、乾かすことで再結合します。

しかし、朝の忙しい時間に髪を濡らして乾かすのは大変ですよね……。そんなときは、トリートメントミストを使いましょう! 髪にふりかけドライヤーで軽く乾かせば短い時間で寝グセを直すことができます。

髪に潤いを与えることもできるので、その後のスタイリングがしやすくなるというメリットも。

 

今回ご紹介した寝グセ予防と直し方で、時間がない朝もスムーズに髪のスタイリングが可能に!

スタイリングが決まると、その日の気分が上がると思うのでぜひ試してみてくださいね。

【おすすめ記事】

時短でできる「ショートヘア」スタイリング方法

美容師が教える「セルフ前髪カット」のコツ

美容師おすすめ2019年最旬「ボブスタイル」3選

コスパ抜群のシャンプー新登場!(Sponsored)

【画像】
※ shurkin_son、New Africa / Shutterstock