GATTA(ガッタ) > Bodymake > ベッドの上で寝る前1分!「ほっそり太もも」を目指す簡単ポーズ
bodymake

ベッドの上で寝る前1分!「ほっそり太もも」を目指す簡単ポーズ

2019.01.16 22:00

お風呂に入りながら、自分の下半身のぽっちゃり加減に絶望したことはありませんか? 洋服で隠れていない分、はっきり見えるお肉。お腹から下半身のお肉をつまんでは、どうにかしたいと思ったことがある女性は多いはず。

そこで今回は、そんなぽっちゃり下半身をケアする方法を、ヨガインストラクターのyuukaさんに聞きました。yuukaさんも、お風呂に入るときに目立つぜい肉を直視して、ガッカリすることがあるとのこと。そんなとき、お風呂上がりにベッドで1分でできる太ももケアだそうですよ。

#ダイエット 記事もチェック!

 

脚の付け根の筋力、弱くなってない?

下半身が重たくどっしりした印象になる原因の1つに、体幹の力が弱り重心が下半身に落ちすぎることがあるといわれています。簡単に説明すると、腹筋や背筋、骨盤底筋の力が弱って姿勢が崩れ、ぜい肉がつきやすくなり、痩せにくくなるといわれています。

特に下半身は、股関節周りの筋力が落ちると、太もも周りや脚全体がゴツくなったり太くなったりすると実感する人もいるでしょう。

筆者がおすすめするのは、脚の付け根の筋力を養いながら、お腹、骨盤底筋、太もも、お尻周り、下半身全体に刺激を加えることを目指す簡単エクササイズ。不安定なポーズをとりながら、バランスを保ち、筋力を養っていきましょう。方法は寝ながらできる簡単なもの。“ついで”の気持ちでできちゃいましょう!

 

1分でOK「ほっそり下半身を目指すポーズ」

( 1)仰向けに寝て、両ひざを曲げます。

(2)右ひざの上あたりに、左足首をおき、左ひざは外側へ開いておきましょう。

(3)息を吐きます。息を吸いながら右足の裏で床を押し、お尻、腰、背中と持ち上げていきましょう。

(4)右脚が外側へ開いていかないように、右太もも内側の力を意識します。

(5)両方の腰骨の位置が斜めにずれないように意識してバランスを保ちます。

(6)可能であれば、両腕を頭上へ上げて下ろしましょう。

(7)6秒キープしたら、1度お尻を床に下ろします。

(8)再び持ち上げて6秒キープします。

(9)3~5セット行ったら、反対側も同様に行います。

両腕を上げることで、下半身の力をしっかり使えるはず。足の裏や足の指先が床から浮かないようにすることで、脚の内側ライン(太ももの内側、脚の付け根周り)をしっかり刺激することを意識しましょう。

 

脚の付け根の筋力が付いてくると、いつの間にか太ももがスッキリしているかも!? 楽しみながら行ってみてくださいね。

【おすすめ記事】

お腹痩せを目指す「床にゴロンで自転車こぎ」

簡単エクサで「太もも引き締め」を目指す!

ダイソーの優秀ダイエットグッズ3つ

美肌をつくる「正しい洗顔」4ステップ(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」