GATTA(ガッタ) > Bodymake > いつの間にか「お正月疲れ」溜まってない?通常モードに戻る不調ケア
bodymake

いつの間にか「お正月疲れ」溜まってない?通常モードに戻る不調ケア

2019.01.08 20:00

年末年始は心も体も、羽を伸ばせましたか? 休みも長くなると、ゆっくりできているつもりが、いつの間にか疲れが溜まってしまうこともありますよね。

そこで今回はヨガインストラクターであるyuukaさんに、お正月疲れを吹き飛ばす不調ケアエクササイズ&ストレッチを2つ紹介してもらいました。日常の生活が戻りどこかホッとするこの時期ですが、体の疲れは残ったままの方も多いと思うので参考にしてみてくださいね。

#ダイエット 記事もチェック!

 

1:一気にシャキッとエクササイズ

連休中にゴロゴロして過ごしていると、体がかたまり怠け癖がついてしまう方も多いと思います。そんなときは背骨を気持ち良く伸ばして、心と体を同時にシャキッとさせるのがおすすめです。

(1)立った姿勢で行います。両脚は腰幅に開いて、上半身はリラックスさせておきましょう。

(2)息を吐き下腹部に軽く力を入れます。息を吸いながら両腕を頭上に引き上げ、お尻とお腹を前方に押し出しながら体を弓のように反らせます。

(3)お腹を上方へ引っ張りながら3呼吸程度気持ち良く伸びます。

(4)両腕を下ろし、姿勢を元に戻します。

(5)すっきりするまで数回行いましょう。

 

2:猫の伸びのポーズで脱力しよう

1日の終わりのリラックスタイムには、緊張した体を一気に脱力させるストレッチを行いましょう。先ほどご紹介した1と同じように背骨に刺激を与えますが、今度はリラックスさせるために自分の体重に身を任せて気持ち良く行ってみましょう。

(1)四つ這いの姿勢になります。

(2)さらに両手を手のひら2~3枚分前に出して下ろします。

(3)息を吐きながら胸を床の方へ沈め、上半身の重みで背中、胸周りを伸ばします。

(4)心地よく脱力しながら5~10呼吸程度キープします。

 

仕事始めはやる気が起きなかったり疲れやすかったりしますよね。そんなときはシャキッとエクササイズと脱力系ストレッチを組み合わせて、怠けた体を少しずつ通常モードに戻していきましょう。

【おすすめ記事】

お腹痩せを目指す「床にゴロンで自転車こぎ」

簡単エクサで「太もも引き締め」を目指す!

ダイソーの優秀ダイエットグッズ3つ

美肌をつくる「正しい洗顔」4ステップ(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」