GATTA(ガッタ) > Interior > キレイな家を保つために!年始のうちに「整えておくべき場所」3つ
interior

キレイな家を保つために!年始のうちに「整えておくべき場所」3つ

2019.01.02 20:30

新しい年がはじまりましたね! 「年末の大掃除のおかげで、家の中がキレイで気持ちいい!」という家庭も多いことでしょう。

しかし、2019年をより快適に過ごすために、年始のうちに整えておいた方がよい場所がいくつかあるのをご存知ですか?

そこで今回は、整理収納アドバイザーのmaikoさんに、今年の暮らしを楽しむために、年始に整えておくべき場所と整え方のコツを紹介してもらいました。

#収納 記事もチェック!

 

1:玄関

新しい年のはじまりに、家の顔である玄関を整えましょう。

大掃除のときにキレイにしたという方も、年末年始はおでかけや来客が増える時期なので、知らずのうちに再び散らかってしまうことも。

まずは靴箱の中に“履いていない靴”がないか確認し、靴箱を整理します。

整理が済んだら、出しっぱなしの靴をしまって軽く掃除しておきましょう。これは、パパママの仕事はじめやお子さんの新学期が始まるタイミングで行うのもありです。慌ただしい日常が戻る前に整った玄関を取り戻しておけば、一日を清々しい気持ちで始められるはずです。

うっかり大掃除を忘れてしまったという方も、この機会に整理&掃除しておくと良いですよ。そして、気づいたときにサッと掃除ができるように、掃除道具を手に取りやすい位置に収納するなど、玄関をきれいに保つ環境づくりも忘れずに。

 

2:クローゼット

クローゼットも年が明けたら、忘れずに整理をしたい場所。

なぜなら、年末年始はセールや初売りで服を新たに買う機会が増えるから。大掃除をしたとはいえ、その後たくさんショッピングをしたのであれば、再度整理をしておいた方がよいでしょう。

また、これからショッピングするという方は、整理したクローゼットを見直しがてら、着ていない服や足りない服をチェックしておくことで、買い物の失敗もなくなるかもしれませんね。

 

3:キッチン

1日の家事時間の中で、多くを過ごすキッチン。そんなキッチンも、年末年始のパーティーで少し散らかりはじめてはいませんか? 大掃除をしたばかりであれば、散らかっているとはいえまだまだキレイなはず。今のうちにリセットして、美しいキッチンを保っておきましょう。

またクローゼット同様、年末年始のセールでキッチン用品が増えた方は、物が増えすぎないように軽く整理をしておくことも大切です。

単純に物を減らせばいいということではありませんが、不要な物がなくスペースに余裕があるキッチンと、物で溢れたキッチンでは、作業効率は雲泥の差。新しい物を買ったときは、収納の見直しをしてみてくださいね。

キッチンを整えてスムーズに家事を済ませることができれば、その分、時間が生まれます。2019年は、時間も上手に使える年にしたいですね。

 

新たな1年、楽しみながら暮らせるように、整えるべき場所を整え、よりよいスタートを切ってくださいね。

【おすすめ記事】

※ すぐ使える「収納」テク大特集!

無駄なくスッキリ終わる「大掃除」3ステップ

「不要なモノを溜め込まない」暮らし術