GATTA(ガッタ) > Bodymake > 欲張りさんに!骨盤を整えながら腹筋も鍛えるヨガポーズ
bodymake

欲張りさんに!骨盤を整えながら腹筋も鍛えるヨガポーズ

2017.07.26 20:00
出典:https://gatta-media.com

テレビを見ながらでも、寝る前でも、お家で時間があったら、その時間を利用して体をケアする癖をつけるのが賢い女性。

今回はヨガインストラクターである筆者が、手持ち無沙汰な時間に、何かエクササイズやヨガをしてみたいと思う人こそやって欲しい、骨盤+体幹を調整するヨガポーズをご紹介します。

 

手持ち無沙汰な時間にやるなら骨盤ケア

筆者は、隙間時間や手の空いている“手持ち無沙汰な時間”を使ったエクササイズやヨガポーズをアレンジするのが得意。生徒さんへの自宅の宿題や、個人レッスンでも取り入れやすいようにと、日々提案しています。

そんな筆者が、手持ち無沙汰な時間に、あえてひとつケアポーズをするなら、骨盤を整えること、お腹周りを刺激すること、体の軸となるバランスや体幹を刺激することが同時にできるものを取り入れます。

骨盤は日々ケアしておくことが大切。日々の生活の中での動きの癖は積み重なると歪みになり得るので、こんな手持ち無沙汰の時間こそ意識してみて欲しいのです。

 

体をほぐすヨガポーズ

(1)両足のひざを曲げ、ひざから先を右方向へずらして座ります。右手を左ひざへ置き、左手は体を支えられる位置へ置きましょう。

(2)背骨とお腹を上に引き上げて骨盤を安定させ、体の真ん中に1本縦に走る軸をイメージしましょう。

出典:https://gatta-media.com

(3)一度吸い、吐くタイミングで上半身を左方向へひねっていきます。このとき、頭、首、胸、お腹と、上から下へ背骨をひねっていくようにしましょう。

出典:https://gatta-media.com

(4)ゆっくり10呼吸ほどキープします。

(5)10呼吸終えたら、吸う息のタイミングで上半身を元の位置へ戻します。

出典:https://gatta-media.com

(6)左手を後頭部へ移動させ、体の真ん中にイメージした軸を整えます。

(7)一度息を吸い、吐くタイミングで上半身を右方向へ倒していきます。

(8)左体側の伸びを意識しながら、お腹の真ん中、横の力でポーズを支えられるようにキープしましょう。

出典:https://gatta-media.com

(9)ゆっくり呼吸しながら10呼吸キープします。終えたら吸う息のタイミングで上半身を元に戻しましょう。

(10)反対側も同様に行いましょう。

 

ひねったり、上半身を倒したりするときに、体を支えるためにはお腹の力が必要です。お尻が浮かないように、骨盤を安定させることも、お腹への刺激となります。

体が硬い人には少し難しいポーズとなりますが、毎日少しずつほぐしてケアしていきましょう。

【関連記事】

※ 代謝UPを目指す!お腹・太もも・体幹「三点同時」ヨガポーズ

※ 気持ち良くてやみつき!寝る前1分で癒される簡単ヨガポーズ

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」