GATTA(ガッタ) > society > 誰かを大切にしたいなら、まずは自分の幸せを考えることからはじめよう
society

誰かを大切にしたいなら、まずは自分の幸せを考えることからはじめよう

2017.07.29 22:00
出典:https://unsplash.com

誰かのことをほめてあげたい!と思ってもうまくいかないということありませんか?

人は誰かを大切にしたいというプラスの感情があるからこそ、相手の視点に立ったほめ言葉を使うことができます。もし、あなたが誰かをほめることができないと思っているとしたら、自分の心と向き合う必要があるのかもしれません。

そこで今回は、原邦 雄 著『たった一言で人生が変わる ほめ言葉の魔法』を参考に、幸せに近づく自分との向き合い方をご紹介します。

 

自分の心をプラスの感情で満たす

毎日の生活の中で、誰かにほめてもらっているわけではないけれど、頑張っていることってありますよね。まずはそれらを書き出し、客観的に自分を見つめてみましょう。

「私も結構がんばってるな」と思えたら、自分にほめ言葉の魔法がかかりはじめているのだそう。ときには自分を責めてしまうときもあるかもしれません。だけど、そんなときこそ自分自身に対して「よく頑張ってるね」と自分をほめてあげましょう。

誰かをほめる前に自分をきちんとほめて、プラスの感情で満たしてあげることが大切なことなのではないでしょうか。

 

マイナスな言葉に左右されない生き方

「何でそんなこともできないの?」、「どうせあなたには無理だよ」そんなネガティブな言葉を使ってしまうことはありませんか? 実は、脳は第三者への言葉と自分への言葉を区別することができないのだそう。誰かに向かって言ったネガティブな言葉は、そのまま自分に向かって暗示をかけているのと同じなのです。

ニュースなどでも、ネガティブな情報を自然と目にすることが多い現代。マイナスな言葉に振り回されていては、自分や大切な人の未来の芽を摘んでしまうことにもなりかねません。自分自身や大切な人へほめる習慣が身につけば、ネガティブな情報に振り回されることなく自分で人生を切り開く力を身につけられるのだそう。

 

ほめることは、その人の存在を肯定し、居場所を作ってあげること。そして、その人の持つ力を信じることです。たった一言のほめ言葉が、自分自身や大切な誰かの人生を輝かせるきっかけとなるはず。

 

【参考】

※ 原 邦雄 著『たった一言で人生が変わる ほめ言葉の魔法』(アスコム刊)

【画像】

※ Photo by Angelina Litvin on Unsplash

【関連記事】

※ 自分に自信が持てない?たった2つの自己肯定感を高めるヒント

※ ちょっとした違いだけ!? わざとらしいと思われないほめ方のコツ3つ

  • URL
  • Instagram
フリーライター
ある人の書く文章に励まされるうちに自分も誰かの心の支えになれるような文章を書きたいと思うようになったことがきっかけで、2013年から女性向けコンテンツに関するライティングとリサーチ業務を行うフリーランスに。

From平山稀衣子・・・
「誰かの視線や気持ちを尊重するために自分の気持ちを抑えつけ専業主婦をした経験があります。「このまま好きなことができずに人生が終わるのは嫌だ!」と強く感じ、好きなことを始めました。それが、私にとっては文章を書くことでした。ありのままの自分を大切にすることで、人生が思わぬ方向へ進んでいきました。仕事や恋愛、結婚・出産など、女性は人生を大きく変える選択をしなければならない場面がたくさんありますが、どんな選択をするとしても、“自分らしさ”を忘れないで欲しいです。」