GATTA(ガッタ) > Beauty > ちょい足しするだけ!いつものメイクをグッと格上げしてくれるコスメ達
beauty

ちょい足しするだけ!いつものメイクをグッと格上げしてくれるコスメ達

2018.12.19 21:00

大切な日には、普段よりちょっと気合いを入れてメイクしたくなるものですよね。しかしコスメをごっそり一新するのはなかなか難しい……。

そこで今回は、ライターの中島香菜さんに大切な日のメイクに“ちょい足し”したいおすすめコスメを紹介してもらいました。

いつものメイクにほんの少しだけ手間をかけて、ワンランク上の美しさを目指しませんか?

#コスメ 記事もチェック!

 

1:チークをぼかして自然な血色&透明感の頬に

明るく血色のいい肌をつくるのに欠かせないチーク。普段は1色使えば十分ですが、もっと美しい頬に仕上げるなら、2色使いがおすすめです。2色とはいっても、色を足すというよりは、境目をきれいにぼかすための1色を足します。

筆者のおすすめは、写真の2つ。ナーズの『ブラッシュ 4024』にはほんのりパールが入っており、チークのベースに塗ったり重ねたりすると、自然に仕上がるだけでなくツヤも生まれます。

ハイライトとして鼻筋に塗ったり、フェイスパウダーとしてお直しに使ったりもできる万能コスメです。

一方のコスメデコルテ『クリーム ブラッシュ PU150』は、チークをぼかしつつ、肌に透明感を与えてくれます。薄く広範囲に塗ると、無垢な少女のような雰囲気になれますよ。

 

2:シェーディングで小さく立体感のある顔に

凹凸のある小顔は、誰もが憧れるもの。そんな女性たちの夢を叶えてくれるのが、シェーディングです。

なかでも筆者のおすすめは、2018年のベストコスメにも選ばれているフーミーの『ちっちゃ顔シャドウ』。輪郭や頬骨に沿ってブラシで入れると、顔がぐっと引き締まって見えます。

より立体感を際立たせたいときは、細めのブラシにとって、鼻筋の横や眉下にもほんのり入れてみましょう。目鼻立ちがくっきり仕上がりますよ。

色が暗くなりすぎてしまった場合は、何もついていないブラシでなぞってぼかしたり、それでも暗い場合はフェイスパウダーを重ねたりしてみて。

成功のコツは、明るい部屋で少しずつ足していくこと。くれぐれもやりすぎにならないよう注意してくださいね。

 

3:ラメシャドウで瞬きするたびに輝くまぶたに

特別な日のアイメイクには、やっぱりキラキラのラメを使いたくなりますよね! そんなときにおすすめなのが、色は控えめなのに強い輝きを放つラメシャドウをトッピングすること。いつものアイシャドウでも、一気に雰囲気が変わります。

ゴールド系ならアディクションの『ザ アイシャドウ 92』が、シルバー系ならブランエトワールの『エトワール トンテシオン 01』がイチオシ。

思い切り華やかにしたいときは、アイメイクの仕上げにまぶた中央を中心に重ねましょう。控えめに輝きを楽しみたいときは、ベースとして仕込むとやりすぎになりません。

 

いつもより手間をかけてメイクすることは、仕上がりをきれいにしてくれるだけでなく、自信をもつことにもつながるはず。大切な予定がある日は、ぜひ今回ご紹介したコスメを使って、もっと“きれいな自分”を目指してくださいね!

【おすすめ記事】

※ 奥二重さんにNGアイメイク&解決テク

絶対買うべき!「優秀リップ」10選

※ プロが教えるNG眉メイク&正解テク3つ

  • URL
  • Instagram
ライター
大学卒業後、営業職・事務職を経て2014年1月よりライターとして活動開始。歯科求人を扱う企業で専属ライターとして1年ほど勤務した後、フリーランスに転向し、編集者としても活動。得意なジャンルは、医療・美容。日本化粧品検定1級、メイクアップアドバイザー検定保有。
From中島香菜・・・「バリバリのキャリアウーマン、専業主婦……どんな立場にいても、すべての女性が自分の選択した働き方・生き方に自信をもって思い切り楽しんでほしいです。」