GATTA(ガッタ) > Interior > 順番を間違えないで!無駄なくスッキリ終わる「大掃除」3ステップ
interior

順番を間違えないで!無駄なくスッキリ終わる「大掃除」3ステップ

2018.12.13 20:30

いよいよ大掃除に本腰を入れるシーズンが近づいてきましたね。最近は、できるだけ早めに取り掛かって、なるべく早く大掃除は終わらせようと計画する方も多いよう。

でもこの意気込み、実は掃除する場所の順番を間違えると、一番気持ちよく過ごしたい年末年始にもう汚れてしまっているのが気になってしまうことも。かといって、ギリギリに大掃除を開始するのも、ちゃんと終わるのかハラハラして落ち着かないですよね。

大掃除で大事なのは、段取りです。慌てずに完了できて、肝心な年越しのときに気持ちの良い状態の家で新年を迎えられる、そんな効率の良い理想的な大掃除。こちらの3つのステップで進めていくのがおすすめです。

#大掃除 記事もチェック!

 

ステップ1:一度整えれば、乱れず汚れにくい場所を早めに

年賀状やお歳暮の手配に追われる前の時間が取りやすい時期に、一度しっかりキレイに整えれば長い間キープできる場所の掃除を、まずは済ませてしまいましょう。

たとえば、収納の中。玄関の収納も、履かなくなった靴やサイズアウトした子どもの靴を整理しながらスッキリと拭き掃除。

キッチンや洗面所などの収納も一度中身を全部出して、拭き掃除。

収納内は、少し早めに一年で溜まってしまった不用品と汚れを一掃しても、すぐにリバウンドすることはない場所です。

時間に余裕のある早い時期に済ませても問題ないグループとしてリストアップしておきましょう。

 

ステップ2:手強い汚れの隠れスポットは少しずつ

大掃除シーズンが本格化してきたら、普段は見えない場所ゆえに掃除を怠りがちで、手強い汚れがこびりついている場所に着手しましょう。

たとえば、キッチンの油汚れの徹底的な掃除や浴室のバスタブの下やカビ掃除など。

このような、達成感はあるものの根気勝負の掃除は、余裕を持って“1日一箇所ずつ取り組む”などすれば、ハードルが下がりますね。

 

ステップ3:一番目につく大きな場所を最後に仕上げる!

そしていよいよ年末が近づいてきたら、大掃除の仕上げです。

玄関のたたきやベランダなどの外回り、床や窓など、普段から行き来する場所は、早めに仕上げても年末までにまた汚れが目立ってしまい気になるもの。できるだけ最後の仕上げでサッパリとさせたい場所です。

このような場所は、大きなスペースを単調な作業で掃除するので、年末近く、冬休みに入った家族にも手伝ってもらいやすい掃除ですね。

 

近頃は、汚れが緩む梅雨頃が汚れ落としには最適なシーズンだとか、ライフスタイルや考え方に合わせてさまざまな大掃除方法をみかけます。

年末にどの程度の大掃除をするかは、それぞれの家庭次第ともいえますが、いずれにせよ新年は気持ちよく迎えたいものです。

無駄な作業や追われる作業はできるだけ減らして、効率の良い大掃除で新しい年を迎える準備をしたいですね。

【おすすめ記事】

※ すぐ使える「収納」テク大特集!

「捨てられない&片付かない」の対処法

今すぐできるスッキリ隙間収納テク