GATTA(ガッタ) > Fashion > グンとおしゃれに見違える!「マフラー&ストール」巻き方9パターン
fashion

グンとおしゃれに見違える!「マフラー&ストール」巻き方9パターン

2018.12.12 22:00

これからのシーズン手放せなくなる“マフラー”や“ストール”……ただの防寒対策アイテムになっていませんか? また、巻き方がマンネリ化している人もいるのではないでしょうか。

実は巻き方次第で、グンと見違えるスタイリングができるのです!

そこで今回は、海外スナップの着こなしを参考に、おしゃれなマフラーやストールの巻き方をご紹介します。

#コーディネート 記事もチェック!

 

1:エレガントさ&こなれ感が叶う「ひと巻きして垂らす」

ひと巻きして、両サイドを“垂らす”巻き方は、上品で大人っぽさもあるので、ON&OFFコーデどちらにも対応できます。また、人気の“ロングマフラー”を選べば、優雅さがアップし、こなれ感も叶いますよ。

 

2:小顔効果も狙える「ぐるぐる巻き」

厚手のマフラーを使って実践したいのが、無造作にぐるぐる巻きにして首周りにボリュームをつくる巻き方です。簡単なうえに、顔を小さく見せる効果もあるのでおすすめですよ。

 

3:シンプルなのにおしゃれ「垂らし巻き」

シンプルに肩にかけて垂らしているだけなのに、エレガントでおしゃれに見えるこの巻き方。朝、忙しくて時間がない日や、どうしてもうまく巻けないという方におすすめです。

 

4:お馴染みの大判ストールは「マント風巻き」

1枚あると便利な、マフラーにもひざ掛けにもなる“大判ストール”。普通に巻くのではなく、肩にバサっとかけてマント風に着こなすとおしゃれです。写真のようなシンプルコーデに、ポイントとして大胆に取り入れるテクニックはトライしやすいうえに、おしゃれ通っぽく見えるのでおすすめ。

 

5:簡単で楽チンなのに超おしゃれな「肩がけ」

巻かずにバッサリ“片方の肩に掛けるだけ”というシンプルな方法ですが、海外のおしゃれセレブたちの間ではお馴染みのスタイリング。このとき、“フェイクファーストール”や“厚手のマフラー”をチョイスするのが、おしゃれに見せるコツです。

 

6:大人かっこいい「ボリューム&ゆるっと前結び」

首にグルッと巻いてボリューム感を作り、前でゆるっと結びまとめる巻き方は、この冬、海外セレブの間で大人気です。遊び心あふれる巻き方がこなれて見えるうえに、どんなコーデともバランスが取りやすいのも魅力です。

 

7:この冬、大人気の「ベルトコーデ」を有効活用!

この冬は、ベルトに注目したコーデをよく見かけます。そこでおすすめしたいのが、写真のように、マフラーを軽くクロスさせて片方の先だけベルトでとめるワザ。簡単に真似できるうえ、センスのよさを感じる粋な着こなしです。

 

8:おしゃれ番長「オリビア・パレルモ流」の巻き方とは!

カラーストールを“たすき掛け”し、結び目にきらめくビジューのアクセをONした、ソーシャライトのオリヴィア・パレルモ。シンプルなニットコーデでも、グンと格上げされるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

9:えっ、それもアリ!? この冬大注目の◯◯巻き

おしゃれ上級者におすすめしたいのは、マフラーやショールではなく、大人気の“ざっくりニット”を巻くという高度なスタイリング。首まわりにボリューム感がでるので、視線が上がりスタイルアップ効果にもつながります。

 

寒さが厳しくなり登場の機会が増すマフラーやストールは、巻き方を工夫するだけでも、コーデのポイントになります。ぜひこの冬は、いつもの巻き方と変えて周囲と差をつけてみてくださいね。

【おすすめ記事】

ファッション難民のための洗練着こなしテク

「ロングコート」が絶対似合う正解コーデ5選

この冬マネしたい「トレンドコーデ」6選

【画像】

FashionStock.com、aniarenard、Twocoms、Elena Rostunova、Mauro Del Signore、Ovidiu Hrubaru / Shutterstock.com