GATTA(ガッタ) > Hair > くせ毛さん必見!美容師が教える正しいオーダー&お家ケアの裏ワザ3つ
hair

くせ毛さん必見!美容師が教える正しいオーダー&お家ケアの裏ワザ3つ

2018.12.16 20:00

くせ毛は、春夏は汗や湿気でうねるし、秋冬は乾燥で広がるし……スタイリングが厄介ですよね。

そんな“くせ毛”に悩んでいる方に朗報です。

今回は美容師の井上賢治さんに、日常のヘアケアに一手間プラスするだけで、うねるクセをまとめやすくする裏ワザを紹介してもらいました。

#ヘアケア 記事もチェック!

 

くせ毛カットに大切な3つのポイント

まず大前提として、くせ毛のヘアスタイルをうまくまとめるには、“カットが一番大切”ということ。

そこでまずは、美容室でくせ毛をカットしてもらうときの“おすすめオーダー方法”を教えてもらいました。

(1)髪をあまりすかない

くせ毛にすきバサミを使いすぎると短い髪が出すぎて、髪の量は少なくなるのにボリュームが出てしまうことがあります。

くせ毛によって不要なボリュームが出やすい人は、「髪をあまりすかないでください」と伝えるとよいでしょう。

(2)毛先が重めのヘアスタイルにしてもらう

毛先に重さを出すと、ヘアスタイルの収まりが良くなります。

まとまりのある髪にしたいときは、毛先を重めにしてもらうのがおすすめです。

(3)ハチより上の髪は、毛量を軽くしない

ハチとは、頭の一番上とサイドの間の、最も出っ張った部分のことです。

「軽めのヘアスタイルにしたいな」というときも、髪の表面は軽くしすぎない方がよいでしょう。

「軽めの髪型にしたいけれど、表面は切りすぎないでください」とオーダーすることで、表面の髪に重みを持たせて、髪がボリューミーになりすぎることを防ぎます。

 

くせ毛をまとまりよくする方法

続いて、くせ毛をまとまり良くする裏ワザを教えてもらいました。

今回の方法は、スタイリングや髪の乾かし方ではなくあくまでも裏ワザ。自分には合わないと思ったら、カットやヘアケアでカバーしてくださいね。

ショートヘア~ボブヘア:ニット帽を被って寝る

被り方のポイントは、トップには空間をつくること。

お風呂上がりの髪は、ドライヤーで乾かした後も、髪の中に水分が少し残っています。

乾かし終わった後にできるだけ早くニット帽を被ることにより、全体を程よく湿らせることができ、ボリュームを根元から抑えやすいですよ。

ニット帽をかぶって寝ることに抵抗がある方は、朝起きてすぐに被るだけでもOKです。

ロングヘア:三つ編みをして寝る

髪を三つ編みにすると、根本からボリュームが抑えやすく、また髪が束になった状態で過ごすので、髪の乾燥ケアにもつながるでしょう。

朝起きて三つ編みを外すとクセが収まりながらちょうど良いウェーブも残るので、スタイリングのアクセントにもなりますよ。

 

髪がくせ毛でどうしてもまとまらないという方は、寝る前にこの一手間をぜひ試してみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 美容師直伝!ショートヘアのNGスタイリング

「伸ばしかけ前髪」の段階別スタイリング術

美容師が教える「脱マンネリ」スタイリング3つ

【画像】
※ Volodymyr Hlukhovskyi/Shutterstock