GATTA(ガッタ) > Beauty > それじゃ、クマ隠せてませんから!目元のコンシーラー「NG使い方」3つ
beauty

それじゃ、クマ隠せてませんから!目元のコンシーラー「NG使い方」3つ

2018.12.06 20:30

鏡を見た瞬間に「あれ?なんか今日顔が疲れてる……」なんて感じたことがある方は多いのではないでしょうか。

顔が疲れて見えたり老けて見えたりするときは、目の下のクマに大きな原因があることが。

このクマを隠すためにはコンシーラーが必要。しかし、コンシーラーは上手く使いこなすのが非常に難しく、間違った使い方をしてしまうとクマが隠れないだけでなく、シワをつくってしますこともあります。

そこで今回は、クマの見えないお肌つくりを目指すための、コンシーラーNG使い方&改善ポイントを3つご紹介します。

#メイク 記事もチェック!

 

NG1:白すぎるコンシーラー

まずは、コンシーラーの選び方から。

「美白に見せたい!」と、地肌より何トーンも明るいコンシーラーを使う方も少なくないかもしれませんが、これは“クマを隠す”という点ではNGといえます。

クマは“茶クマ”や“青クマ”など、人によって色味が違います。そんな色味が強いクマを白すぎるコンシーラーで隠そうとすると、逆にグレーに見えてしまったり、肌よりトーンが明るくて浮いてしまったりすることも。

自分のクマの色味に合わせてコンシーラーを選ぶとキレイに隠れやすいのでおすすめです。茶クマはイエロー系、青クマはオレンジ系など、補色を選ぶと隠れやすくなりますよ。

 

NG2:ファンデーションの前に塗る

みなさんは、ファンデーションの後にコンシーラーを塗りますか? 後に塗りますか?

筆者のおすすめはファンデーションの“後”です。

ファンデーションの前にコンシーラーを塗ってしまうと、ファンデーションの後よりも多くコンシーラーをのせてしまいがちなのでNGといえるでしょう。

また、コンシーラーを塗った後でファンデーションをのせ、スポンジなどで叩くとコンシーラーがとれてきてしまい、再度塗らなければならないことも。手順を間違えると失敗の原因にもなりかねないので気をつけましょう。

 

NG3:目のキワ ギリギリに塗る

コンシーラーは、“塗るタイミング”以外にもとっても重要なポイントがあります。それは、“塗る場所”。

クマが一番濃く見えやすいところはどこなのか、みなさんご存知ですか?

それは、上の図のような“目の斜め下ライン”です。

そこで、コンシーラーを塗るときも“目の斜め下ライン”を意識しましょう。クマが濃く見える箇所を起点に目の下まで塗ります。

逆に目の下やキワに塗りすぎてしまうと、厚塗りに見えてしまい、キレイな仕上がりにならない可能性が高いでしょう。

 

クマが見えるか見えないかで、見た目の印象は大きく変わります。

NGポイントをしっかり押さえ、クマが見えない美肌を目指していきましょう!

【おすすめ記事】

美容ライターが愛用する「やみつきコスメ」

買って後悔しない「溺愛コスメ」3つ

1日中きれいなリップを保つコツ&お直しテク

【画像】
※ Dmytro Zinkevych/Shutterstock