GATTA(ガッタ) > Beauty > どうするのが正解?暑さに負けない美肌をつくる夏のスキンケア
beauty

どうするのが正解?暑さに負けない美肌をつくる夏のスキンケア

2017.07.18 20:00

暑さが厳しくなるこの季節、あなたはどんなスキンケアをしていますか? 「冬と違って乾燥を感じないから、軽く済ませている」「ベタつきが気になって、乳液やクリームは使っていない」……そんな方は、夏の間に肌がボロボロにしってしまう可能性大。紫外線やエアコンによる乾燥など、夏は肌の敵が多く存在する季節なのです。

そこで今回は、暑い夏に負けない肌をつくるスキンケアをご紹介。正しいスキンケアで、過酷な環境でも美しい肌をキープしましょう。

 

夏こそ保湿!肌が満タンになるまで水分を

夏のスキンケアにおける1つ目のポイントは、肌が満タンになるまで水分を入れ込むこと。紫外線やエアコンにさらされると、肌はみるみるうちに乾燥してしまいます。朝晩のスキンケアで、失われた水分をしっかりチャージしてあげましょう。

暑い夏に使いやすいのは、シャバシャバしたテクスチャーの化粧水です。コットンにたっぷりとって、肌がひんやりするまで優しくパッティングしてください。

シンピュルテ『ローションヴィザージュ AGコンセントレイト』(写真左)、エスケーツー『フェイシャル トリートメント エッセンス』(写真右)
出典: GATTA(ガッタ)

水分がなかなか入りにくい(化粧水がいつまでも肌の上に残って浸透しない)ときは、ピーリングや導入美容液を使うのがおすすめ。肌がゴワゴワするときは、化粧水とセットで使ってみてくださいね。

 

乳液やクリームで水分の蒸発を防ぐ

肌が満タンになるまで化粧水を入れ込んだら、必ず乳液やクリームを重ねて、水分が逃げないようにフタをしましょう。夏はベタつきを嫌って使わない方が多く見られますが、かえって肌が乾燥してしまうこともあります。

どうしてもベタつきが気になる方は、さっぱりとした仕上がりになるジェルタイプを選んだり、スキンケア後に使えるパウダーを重ねたりするのがおすすめです。

エテュセ『薬用アクネ ナイトタイムディフェンス』
出典: GATTA(ガッタ)

このナイトパウダーは、肌をサラサラにするだけでなく、ニキビの予防にも。肌をきれいに見せてくれるので、旅行などのシーンでも活躍してくれるでしょう。

ナイトパウダーを塗るときのポイントは、乾燥しやすい目の周辺には重ねすぎないこと。フェイスラインを中心にはたくようにしてください。

 

ご褒美ケアに冷やしたシートマスクを

暑い日には、丁寧にスキンケアをするのがどうしても面倒になってしまうもの。そんなときは、冷蔵庫で冷やしたシートマスクを使うのがおすすめです。

ルルルン『フェイスマスク ルルルンONEホワイト』(写真右)、我的美麗日記(私のきれい日記)『皇室白真珠マスク』(写真左)
出典: GATTA(ガッタ)

ひんやりしたシートマスクをほてった顔に乗せれば、スキンケアをしながら至福の時間を過ごすことができるはず。冷たいシートマスクは毛穴の引き締めも期待できますよ。写真のように美白ケアできるものを選べば、手軽に日焼け対策もできてしまいます。

ちなみに、まれに化粧水を冷やして使う方がいますが、あまりおすすめできません。なぜなら、肌が冷えすぎると、化粧水の浸透が悪くなってしまうため。常温の化粧水で水分きちんと入れ込んだ後で、冷たいシートマスクで肌を引き締めるようにしてください。

 

夏のスキンケアで、秋の肌は大きく変わります。この夏は、正しいスキンケアで美肌をしっかり守ってくださいね!

 

【夏のスキンケアはこちらもチェック!】

※ 紫外線も怖くない!? 美肌さんが使ってるUVケアアイテムとは

※ これだけで差がつく!? 美肌さんがやっている夏の毛穴ケア

  • URL
  • Instagram
ライター
大学卒業後、営業職・事務職を経て2014年1月よりライターとして活動開始。歯科求人を扱う企業で専属ライターとして1年ほど勤務した後、フリーランスに転向し、編集者としても活動。得意なジャンルは、医療・美容。日本化粧品検定1級、メイクアップアドバイザー検定保有。
From中島香菜・・・「バリバリのキャリアウーマン、専業主婦……どんな立場にいても、すべての女性が自分の選択した働き方・生き方に自信をもって思い切り楽しんでほしいです。」