GATTA(ガッタ) > Fashion > もこもこニットは老けて見える!? この冬マネしたい「トレンドコーデ」6選
fashion

もこもこニットは老けて見える!? この冬マネしたい「トレンドコーデ」6選

2018.11.28 22:00

冬場のフワフワでモコモコなニットコーデは、暖かくてラク。でも、時にボリュームのあるニットは野暮ったい印象になって、実年齢より老けて見える恐れも……。

2018年冬は、“寒さ対策を強く押し出さない”トレンド傾向もあってか、インナーに軽さを持たせるのがおすすめ。

そこで今回は、“老け見え防止テクニック”を取り入れた、“ニット要らずな着こなし”を6つご紹介します。

#コーディネート 記事もチェック!

 

1:Tシャツで「軽さ」を意識したシンプルスタイル

アウターにはある程度のボリュームや丈があっても、インナーにシンプルなロングTシャツなどを持ってくることで、スマートカジュアルが実現します。

この“軽さ”がはつらつとした印象に。

 

2:アウターの下にレース素材で大人可愛さを演出

今年は、アウターの下にあえて正反対なイメージの洋服を持ってくると、ぐっとおしゃれに。

例えば、ダウンにレース素材を合わせるスタイリングは、一気におしゃれ上級者に見せてくれますよ。

レース素材には華やかなアイテムとしての印象がありますね。大人っぽくもかわいくなれるスタイリング例です。

 

3:レイヤードスタイルにすれば「おしゃれ+防寒」が実現

2018冬はレイヤードスタイルが当たり前のような着こなしに。

室内でも、野暮ったさが消えスタイリッシュに決まるのが重ね着スタイリングの良いところ。

モノトーンで合わせると、手持ちの茶系やグレーのコートとも相性がよくなりますね!

 

4:セットアップに「チェック柄コート」を合わせてスタイリッシュに

今年の顔といえば“セットアップ”。秋に大流行したこのアイテムを、冬にも活躍させましょう。

インナーをセットアップに、そしてアウターはチェスターコートやエコファーコートに。一見不釣り合いにも思える組み合わせですが、実はしっくりくるコーディネートです。

暖かさも抜群なので、ニット頼りだった寒さ対策からも卒業できますよ。

 

5:ボリュームのあるアウターに、暖かい素材のロングワンピ

2018年冬のアイテムといえば、ロングスカートやロングワンピース。防寒&おしゃれを叶えるなら、暖かめの素材でできたロングワンピ―スにボリューミーなアウターを組み合わせるのがおすすめです。

ワンピースは、ベロア素材などにすることで暖かいコーディネートが実現するでしょう。女性らしさも増すはずですよ。

「これまでは、ボリュームのあるアウターでもニットを合わせていた」という方は、ぜひインナーをすっきりロングワンピースに替えてみましょう。

 

6:旬柄のアウター+小物使いで暖かく

今年の旬アウターは柄モノ! アウターの個性を消してしまわないためにも、フワモコなニットをインナーに着用するのは控えたほうが良さそう。

インナーはカットソーや薄手のニットにしたほうがスマートに着こなせます。小物で暖かさと洒落感をプラスすると良いですね!

 

アウターを上手に活用しながら、インナーは薄手にすることで、見た目年齢をぐっと下げることが期待できるでしょう。

ファッションで大事なのは、何といっても“身軽”な感じ。これを演出することで、おしゃれ上級者へ一気に近づけますよ。

【おすすめ記事】

すらっと美脚に見せる「流行コーデ」6選

2018年冬「大人が着るべき」主役級コート

オンオフ使える「優秀アウター」7選

【画像】
※ DKSStyle、aniarenard、Luchino、Creative Lab、Mr Pics、eversummerphoto / Shutterstock