GATTA(ガッタ) > Beauty > 血色感&ツヤが大事!たった3STEPで叶える「冬の愛されメイク」のコツ
beauty

血色感&ツヤが大事!たった3STEPで叶える「冬の愛されメイク」のコツ

2018.11.28 20:30

12月もすぐそこ、本格的な冬が近づいていますね。きたる冬に合わせて、この時期ならではの愛されメイクに挑戦してみませんか?

そこで今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、今年発売されているクリスマスコフレの特徴を活かした“冬の愛されメイク”のつくり方をご紹介します。

#メイク 記事もチェック!

 

1:アイメイクは「血色感×くすみ」を意識する

この冬のメイクは、トレンドである“くすみ系カラー”を取り入れておきたいもの。大人かわいいイメージを印象づけるなら、赤やピンクなどの血色感が演出できるものをセレクトしてみて!

今回筆者は、ピンクのくすみカラーをセレクトしてみました。ポイントは、くすみカラーをアイホール全体に大胆にのせること。中途半端にのせることで、やぼったく見える残念メイクになってしまう場合があります。思い切ってアイホール全体ののせましょう。

続いて、涙袋にもパールが入ったピンクのアイシャドウをのせます。

目を大きく見せたいなら、アイラインはインサイドラインのみで目尻側だけ少し伸ばします。まつ毛もナチュラルに仕上げるのがおすすめ。

 

2:ハイライトは控えめがGOOD!

美肌といえば“ツヤ”が肝心。冬の愛されメイクをつくるためには、自然なツヤ出しが鉄則です。

ハイライトは、目元あたりのくぼみにのせると良いでしょう。目頭やこめかみあたりにポイントでのせるだけ。あまりツヤを出しすぎると、今季のトレンドとは離れた残念メイクになりかねません。

さらに、目元にくすみ系カラーを使用するときは、ツヤ感の演出はちょっと控えめにする方がバランス良く仕上がるでしょう。ベースの仕上がりで愛されメイクの完成度がぐっとアップするので、このテクニックはおすすめです。

 

3:じゅわっとにじむ「ルージュ」がカギ

秋冬ルージュのトレンドとして定番化している“赤系”。今季はじゅわっと内側からにじむようなツヤっぽい質感が多く見られます。

ベースメイクでツヤを控えめにした分、唇にツヤを仕込むことでバランスの良いメイクが完成します。とはいえグロスでテカテカにするわけではなく、ツヤタイプのルージュをセレクトするのがおすすめです。

じゅわっとジューシーな唇に仕上げることで、大人でもあざとさ&かわいらしさを演出できますよ。

 

クリスマスコフレを購入した方はもちろん、購入できなかった方も、トレンドの傾向を知り特徴を生かしたメイクをすれば今っぽくなります。そしてカラーのセレクトにより、愛され顔を目指してみませんか。

【おすすめ記事】

すぐ試せる「小顔見せメイクテク」3つ

「1,500円以下プチプラコスメ」3選!

美容ライターが教える「ベースメイク」のコツ

スポーツの秋!この季節ケアを忘れがちな「隠れ乾燥ポイント」とは(PR)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」