GATTA(ガッタ) > Hair > 逆にゴワゴワ髪に!? 美容師が教える「やってはいけないNGヘアケア」3つ
hair

逆にゴワゴワ髪に!? 美容師が教える「やってはいけないNGヘアケア」3つ

2018.11.25 21:30

髪の毛を触ったとき、“パサパサ&ゴワゴワ”していませんか? 冬に向かって肌が乾燥するように、髪の毛も乾燥しやすい時期です。

もう、髪の毛の乾燥が気になりヘアケアに重点を置いている方も多いのではないでしょうか? ヘアケアをすることはとても良いことなのですが、間違ったやり方をしていると逆効果になることも!

そこで今回は、美容師である筆者が、ヘアケアをはじめる前に知っておいて損はない“NGケア”をご紹介します。

#ヘアケア 記事もチェック!

 

NG1:自然乾燥

ドライヤーで髪の毛を乾かすと熱でダメージを受けそうだと自然乾燥していませんか?

自然乾燥は髪の毛にとっても、頭皮にとっても、良いことはありません。髪の毛が濡れている状態はキューティクルが開きやすく、ダメージを受けやすくなっています。自然乾燥を繰り返していると、髪の毛がごわついてパサパサ乾燥する原因となってしまいますよ。

ドライヤーを使えばキューティクルをきれいに整えることができますし、キューティクルを整えるとツヤも出やすくなります。

ドライヤーをかけるときのポイントは髪の根元〜毛先に向かって乾かすこと! 毛先から乾かすと髪の毛全体が乾く頃には毛先にドライヤーの熱が当たり過ぎてパサパサになるので気をつけてください。

NG2:トリートメントの塗布量が多過ぎる

髪の乾燥やダメージを早く改善したいと思って、髪の毛に大量のトリートメントを塗布していませんか? トリートメントを適量以上に塗布すると、髪の毛が吸収できなかった分は頭皮などに付着してしまいます。

頭皮にトリートメントが付着すると毛穴に詰まるなど、頭皮トラブルの原因にもなりやすいのです。トリートメントは各製品に表示されている適量を守ってくださいね。

NG3:髪質に合ってないトリートメントを使っている

髪の毛が乾燥しているからと、なんでも良いからトリートメントを使えば良いというものではありません! 乾燥やダメージにもレベルがあるのです。

軽度のダメージ毛の方がハイダメージ用のトリートメントを使うと栄養を吸収しきれず、逆にパサパサになることや髪の毛が乾きにくくなることも……。髪の乾燥やダメージは自分に合ったレベルのトリートメントを使うのがポイントなのです。

“なんとなく、一番保湿してくれそう”という考えで選ぶと失敗しやすいので注意しましょう。自分の髪の状態を自分で判断するのは難しいので、担当してくれている美容師さんに相談するのがおすすめです。

 

自分の髪の毛について把握して、冬の乾燥を乗り越えていきましょう!

【おすすめ記事】

美容師がおすすめするショートヘア3選

美容師が選ぶプチプラ&便利ヘアグッズ3選

美容師直伝!シャンプー&トリートメントの基本

※ ショート〜ロングまで!美容師が教える簡単ヘアアレンジ2選

【画像】
※ Nevada31、Zynatis、Stockshakir / shutterstock