GATTA(ガッタ) > Hair > ロングヘアを美しく保つために…睡眠時に絶対NGなこととは?
hair

ロングヘアを美しく保つために…睡眠時に絶対NGなこととは?

2018.11.16 21:30

今回は髪を伸ばしている方や、現在、長い髪を維持している方に知っておいてほしいお話です。髪は長いほど維持が大変になりますしダメージが進みやすくなります。特に寝る際に気をつけてほしいことがいくつかあります。

睡眠は必ず毎日行いますし、長い時間を費やしますから、その時間をムダにしたくないですよね!

そこで今回は美容師の野澤琢眞さんに、就寝時、ロングヘアの方に気をつけてほしいポイントを聞きました。

#ヘアケア 記事もチェック!

 

髪が濡れたまま寝るのは絶対ダメ

髪が長いとついつい濡れたまま放置してしまいがちです。人によってはそのまま寝てしまう方もいると思いますが、濡れたまま寝てしまうと髪のダメージの原因と絡まりの原因になります。

必ずドライヤーでしっかりと髪を乾かしてから就寝するようにしてください。

 

乾かす際にナイトシャワーを必ず使う

髪を乾かす際に必ず使ってほしいのが夜専用の洗い流さないトリートメント。夜に使う洗い流さないトリートメントのことを通称“ナイトシャワー”と呼んでいますが、このナイトシャワーを使うことで得られるメリットは2つあります。

1つ目は髪の手触りを良くしてくれること。

2つ目は寝ている間の髪の摩擦を防いでくれること。人にもよりますが毎日人は7、8時間寝ていると思います。この時間に起こるダメージをできるだけ軽減してあげることが美髪への近道になります。

 

大人気のナイトキャップ

最近、美意識の高い女性の間で人気のアイテムがあります。それは“ナイトキャップ”。就寝時にかぶるキャップのことですが、これは寝返りなどによる髪の摩擦から髪を守る働きをしてくれます。

シルク製のナイトキャップは特に髪にやさしく被り心地も良いのでおすすめ。最近は100均でも取り扱われていますので、ぜひお試しください。

 

人生の3分の1は就寝時間といわれています。今回ご紹介した方法を参考にしてもらえれば普段のヘアケアの成果を一層高めることができるかもしれません。お仕事で疲れているとは思いますが毎日の夜のケアを忘れずに美髪を保ってくださいね。

【おすすめ記事】

※ 美容師が教える「ヘアケア」5つのポイント

「頭皮」が臭ってるかも!? NG習慣×正解ケア

髪の乾燥を招きやすい「NG行動」4つ

【画像】
※ VGstockstudio / shutterstock