GATTA(ガッタ) > Beauty > ファンデは顔全体に塗っちゃダメ!? すぐ試せる「小顔見せメイクテク」3つ
beauty

ファンデは顔全体に塗っちゃダメ!? すぐ試せる「小顔見せメイクテク」3つ

2018.11.23 20:00

「小顔になりたい!」これは、すべての女性の願いといっても過言ではないはず。顔が小さいだけで、スタイルは格段によく見えますよね。とはいえ、生まれもった骨格を変えるのは難しいものです。

しかしメイクを工夫すれば、顔を今より小さく見せることは十分に可能。しかも、シェーディングなどの難しいテクニックを使わなくても、少しの工夫で印象を変えられるんです。

今回は、そんな誰でも簡単にできる“小顔見せメイクテク”を3つご紹介します!

#メイク 記事もチェック!

 

1:ファンデーションは「顔の中央部分」にだけ塗る

みなさん、ファンデーションを塗るとき、顔全体に広げていませんか? 実はそれ、顔を大きく見せる原因になりかねないのです。

ファンデーションは、フェイスラインにまで塗らなくてOK。顔の中央部、鼻や頬などの毛穴や赤みが気になりやすい部分さえカバーすれば、あとは境目をぼかすだけで大丈夫です。

フェイスラインにファンデーションを塗らないことで、顔の中央部だけが立体的に見えます。つまり、自然とシェーディングをしたような効果が出て、顔を小さく見せられるのです。

“顔にしたくない部分”にはファンデーションを塗らない。小顔メイクの鉄則です。

 

2:「鼻の付け根ハイライト」は必須

顔の中央部を浮き立たせて小顔に見せるには、ハイライトを使うのも効果的。とはいえ、塗りすぎると顔がテカって見えてしまうので、加減が難しいですよね。

そんな方におすすめなのが、鼻の付け根にだけハイライトを塗ること。これだけでも見え方に大きな差が出ます。

基本は鼻の付け根にちょっとでOK! これなら、初心者さんや忙しい方でもできそうですよね。写真のようなペンタイプを使えば、狙ったところにしっかり塗れます。

なお、鼻をより高く見せたいなら、そのまま鼻筋までハイライトを伸ばして。さらに立体感を強調したいなら、眉間にまで伸ばしましょう。

 

3:眉頭から鼻筋にかけて「ノーズシャドウ」を

実は眉メイクも小顔をつくるポイント。これを聞いて「眉を描くのは得意じゃない」と不安になった方も、大丈夫。誰でも簡単にできるテクニックをご紹介します。

いつもどおりに眉を描いたら、ブラシについたアイブロウパウダーを軽くティッシュオフし、眉頭のパウダーを伸ばすイメージで鼻筋の横をなぞります。そう、眉を描くついでに、薄くノーズシャドウを入れるのです。

ノーズシャドウが濃くなってしまうと、途端に古くさい印象になってしまうもの。しかし、新たにパウダーを足さずに描けば、やりすぎになる心配はありません。

アイテムを買い足す必要もないので、ぜひ試してみてくださいね。

 

小顔メイクというと、いろいろ塗り重ねるイメージが強いのではないでしょうか? しかし、普段のメイクを見直すだけ、ほんの少し足すだけで、顔の印象は変えられます。

みなさんもほんの少しだけいつものメイクを工夫してみてくださいね!

【おすすめ記事】

※ 仕上がり自然な「大人の涙袋メイク」

美肌に魅せる「優秀フェイスパウダー」3つ

「クッションファンデ」使い方&選び方のコツ

  • URL
  • Instagram
ライター
大学卒業後、営業職・事務職を経て2014年1月よりライターとして活動開始。歯科求人を扱う企業で専属ライターとして1年ほど勤務した後、フリーランスに転向し、編集者としても活動。得意なジャンルは、医療・美容。日本化粧品検定1級、メイクアップアドバイザー検定保有。
From中島香菜・・・「バリバリのキャリアウーマン、専業主婦……どんな立場にいても、すべての女性が自分の選択した働き方・生き方に自信をもって思い切り楽しんでほしいです。」