GATTA(ガッタ) > Leisure > 疲れたら行きたい!懐かしい気持ちになれる国内の癒しスポット5選
leisure

疲れたら行きたい!懐かしい気持ちになれる国内の癒しスポット5選

2018.11.09 21:00

どこか懐かしい気持ちにさせてくれる日本の原風景。仕事に家事に子育てに……忙しい毎日を送る女性だからこそ、たまには立ち止まってそんな風景に癒されたいですよね。自然や懐かしさを感じる風景を見ているだけで、なんだか心がやさしくなっていく気がします。

今回は、そんな景色を鑑賞できる国内のスポットをご紹介します。

#絶景 記事もチェック!

 

1:山形県立石寺からの絶景

棚田などが有名な山形からは、立石寺からの景色をご紹介します。通称・山寺とも言われている立石寺は山に囲まれていてマイナスイオンを感じられますよ。立石寺から望む景色には、古き良き日本を感じることができます。

 

2:レトロな欧風建築・香川県琴平駅

香川県と言えばうどんや島巡りというイメージを持っていた筆者。実際訪れてみると、それ以外にもレトロなスポットがありました。

全国からそのご利益を求めて観光客が集う場所、金刀比羅宮。ここを訪れるときに使う駅がレトロな外観が魅力の琴平駅なんです。

赤い屋根がトレードマークの駅舎、大正時代に建てられたレトロな欧風建築は、どこか昔なつかしい光景です。

 

3:日本が誇る自然美!新潟県の星峠の棚田

“にほんの里百選”にも選ばれている新潟県にある星峠の棚田。魚沼産コシヒカリの産地であるこの棚田は、日本が誇る自然美が広がっています。特に水田時期である6月や9月は、雲が水面に反射する景色を見ることができて、最も美しい時期といわれているそう。ただ、棚田はあくまでも観光地ではないため、訪れる際は配慮が必要です。

 

4:世界遺産・白川郷は一生に一度は観たい!

合掌造りの建物が最も多く残る“白川郷”は旅好きの人はもちろん、あまり旅に行かない人でも聞いたことがあるのではないでしょうか。大小あわせて現在100棟余りある合掌造りの建物は、これぞ日本の原風景! 実は今もそこで生活している人もいるんですよ!

四季折々で異なった顔を見せてくれるのも魅力の一つ。これから迎える冬にかけては、豪雪地帯にもなります。ライトアップされた神秘的な光景は、寒くても一見の価値ありです。

 

5:東京からも行きやすい!狭山丘陵

ジブリの中でも人気作品の一つである『となりのトトロ』。この映画の舞台のモデルのひとつと言われているのが、狭山丘陵。のどかな田園風景が広がっており、まるで映画のなかに紛れ込んだような感覚に。東京からもアクセスが良く、週末ぷらっと行きたいスポットです。

 

どこかなつかしい気持ちにさせてくれる日本の原風景。見ているだけでほっこりした気分になりますよね。最近、忙しくピリピリしがちな方はぜひ癒されてくださいね!

【おすすめ記事】

※ 海外旅行でやりがちな失敗3つ&対策

「子連れ海外旅行」で重宝するグッズ3つ

旅の荷物を減らす「パッキング裏ワザ」4つ

バスルームなら簡単!人気の「北欧風インテリア」取り入れ方のコツ3つ(PR)

【画像】

※  ばりろく、 sayamamine、Anesthesia / PIXTA(ピクスタ)