GATTA(ガッタ) > Fashion > 来年のトレンドも先取りできる!? 2018年秋冬の最新コーデ術&アイテム
fashion

来年のトレンドも先取りできる!? 2018年秋冬の最新コーデ術&アイテム

2018.11.01 22:00

最近のファッションシーンは、ワンシーズン中に流行が入れ替わるなど目まぐるしい変化が見られます。

冬のあいだだけでも、突如、新しいアイテムや独自の着回しが出てくることも珍しくありません。そういった最新トレンドに対応するには、まずは基本の流行をおさえておく必要があります。

そこで今回は、2018年秋冬シーズン流行の最旬コーディネート方法とアイテムをご紹介します。

#コーディネート 記事もチェック!

 

1:同色系のなかに一点インパクトカラーを入れたスタイル

同色系のスタイリングと言っても、これから流行するのは、落ち着いた色の組み合わせ。なかでも注目は茶色です。

今年の秋はカラフルなスタイリングが目立ちましたが、冬からは、写真のように茶色の落ち着いたトーンで全体をまとめるスタイリングに一点、白や黒など目を引く色を合わせるスタイルがトレンドになりそう。インナーなどで取り入れてみてください。

 

2:黒を取り入れた2トーンスタイリング

2018年秋冬、洋服の組み合わせのポイントになってくるのは“黒”。写真のように黒と反対色に近い色を合わせるスタイリングが流行中。冬のスタイリングのキーワードは“モード感漂う締まりのあるコーディネート”な様子です。特に通勤ファッションにこの流行を取り入れると一気に旬顔になれますよ。

 

3:ダウンコートに柄物を投入しておしゃれ感アップ

ダウンコートを着るときはスッキリと見せたい気持ちから、ボトムについついパンツを選びがち。でも、ここで花柄のワンピースやスカートを合わせると女性っぽい魅力があふれ、おしゃれ感がグっと上がるスタイリングに。

ダークな色味の多いダウンコートに合わせるインナーやボトムスは花柄が◎。小花柄でも、大振りな花柄でもOKです。

 

4:ハイネックに重ねる最旬レイヤード

今年は秋の初頭から流行していた薄手のハイネック。このアイテムを一気に旬顔にする方法はニットやパーカーにレイヤードするスタイル。洗練されたイメージになるので、来年の初頭にはスタンダードな着こなしになっているかも!?

 

5:コンテンポラリーなニュアンスのニットアイテム

近年、ニットのデザインが変化してきています。2016年頃には袖がふんわりしたデザインが流行しました。2018年や来年の今頃は、アシンメトリーや肩空きニットなど、コンテンポラリーなニュアンスのニットが流行しそうです。ぜひ取り入れてみてください。

 

6:ウェストバッグをアクセントに

ファッションメディアでは見かけますが実用している人はまだまだ少数のウェストバッグ。昨今のファッションスタイルで身軽さが重視されている影響から、2019年の冬の初頭から春にはポピュラーなアイテムになっているかも。

 

7:ダークトーンにアイウェアを合わせる

もはや、夏だけのアイテムではなくなっているサングラスやアイウェア。2018年の秋冬のキーワードは“黒”なので、黒やグレーなどのダークな色味の洋服にアイウェアを着用すると一気におしゃれに仕上がります。来年の初頭や春のはじまりのころには、スタンダードなアイテムに仲間入りしている可能性大。

 

今回は、来年の流行を先取りできそうなスタイリングやアイテムをご紹介しました。特に筆者の推しアイテムは小物系です。ぜひ一足先に流行を取り入れておしゃれを楽しんでください。

【おすすめ記事】

※  着回し力抜群の「神アウター」6つ

1枚で何役もこなす「神アイテム」6選

秋の「楽ちんワンピ」着こなし7パターン

気づいたらガサガサに…!? 気をつけるべき「隠れ乾燥」ポイント3つ(PR)

【画像】
※ Mauro Del Signore / Shutterstock