GATTA(ガッタ) > Interior > 最初に片付けるのはNGな場所がある!? 片付け下手が陥りがちな失敗とは
interior

最初に片付けるのはNGな場所がある!? 片付け下手が陥りがちな失敗とは

2018.10.29 21:30

お友だちのすてきなお家に訪れたあとや、雑誌で見かけた片付け成功例の写真に感動したとき……感化されて、家中の片付けに着手したくなりますよね。

しかし、「なぜか最初のスペースから一向に進まない」「すぐにリバウンドしてしまい、もうやる気が起きない」そんな方もいらっしゃると思います。このように行き詰ってしまうと、自分は“片付けが苦手”と決め込んでしまいますよね。

そんなときは、片付けを”始める場所”を見直してみることをおすすめします。

もしかしたら、やってしまいがちな“片付けNG手順”を繰り返してしまっているだけかもしれません。

#掃除 記事もチェック!

 

「引き出し1個」からのスタートは王道

「全部を片付けたい!」となると、どこからスタートすべきか迷いますね。

迷った挙げ句、一番大きなクローゼットの片付けに手を出してしまうと、ちょっとした隙間時間では片付けきれずに衣類が散乱。片付ける前よりひどい状態でしばらく過ごすことになってしまう……なんて、最悪な状況になりかねません。

おすすめしたいのは“引き出し1個の片付け”。不用品の処分、グルーピング、そしてそれらを使い勝手の良い状態に収めることまで、全て短時間で完了できます。

散らかすことなく達成感も味わえるという、スタートには最適な場所というわけです。

 

物の出入りの激しいスペースは最後に

“置いてある物がいつもほぼ同じ場所”からスタートするのもおすすめです。

たとえば、トイレや浴室、洗面所などの水回りは、掃除道具や消耗品などの置いてある物に大きな変化が出にくい場所。

必要な物と不用品の区別もつけやすいので、短時間で片付けられる可能性が高いです。

定番品が多く物の出入りが少ない場所は、一度片付ければ長期間キープしやすく片付けの成功例になってくれます。最初に着手して、片付けが成功すればモチベーションも上がりますね。

一方、クローゼットや納戸、冷蔵庫などは、自分のライフスタイルや性格などとじっくり向き合う必要がありますし、定番品だけではないイレギュラーな物の出入りも多い場所です。

必要によっては全ての物を一度外に出すなどして、不用品の選別をしなければならないため時間がかかり、使いやすい収納になるまでに何度か失敗することもあるでしょう。

片付けの最初に着手するには、ハードルが高い場所といえます。

 

このように、お家全体を片付けたい場合には、最初に片付ける場所をどこにするかが、成功するかどうかの明暗を分けるポイントの1つです。

“短時間で片付けが完了して、リバウンドしにくい場所”からスタートすることが、モチベーションをキープしながら片付け上手になるコツですよ。

【おすすめ記事】

※ すぐ使える「収納」テク大特集!

「奥行きのある収納」の攻略アイデア3つ

「クローゼットの徹底整理」テクニック

期間限定!大人かわいい「ハロウィン」パッケージのシャンプーをGETせよ(PR)