GATTA(ガッタ) > society > 自分に自信が持てない?たった2つの自己肯定感を高めるヒント
society

自分に自信が持てない?たった2つの自己肯定感を高めるヒント

2017.07.01 21:00

自己肯定感という言葉を最近よく目にするようになりました。自己肯定感が低いと生きづらさを感じてしまうなど、ネガティブな意味で使われることも多いですが、そもそも自己肯定感とは“自分に価値がある”と感じられることなのだそう。

そこで今回は、茂木健一郎・松岡修造 著『たった一度きりの人生をマックスに!ポジティブ会議』を参考に、“自分の価値”を見つけるヒントをご紹介します。

 

自分の心を尊重する

誰かを励ますのに「自分に自信を持って」と言うことはありますが、実際自分に自信を持つことってすごく難しいですよね。

でもそれ、世間の価値観で自分の価値を判断しようとしているからではないでしょうか。勝ち組や負け組という言葉がもてはやされたこともありましたが、年収や学歴、結婚しているかどうかなど、誰かがつくった視点で自分を見てしまうと本当に自分に自信を持つことはとても難しく感じられます。

何よりも大切なのは自分の中にある自由な心を尊重すること。自分らしさは自分で考えて行動し決断することで、確立されていくものだそう。他人の価値観で自分を見ずに、自分の感じるあるがままに生きていくことで、自分には価値があると自信につながっていくでしょう。

 

ネガティブな性格もひとつの役割

ネガティブな性格の持ち主と聞いて、思い浮かぶ人はいますか? 「職場の上司がいつもネガティブな意見を言ってくる」、「何かに挑戦しようとしても、どうせ無理だからと家族が反対する」という経験がある人もいると思います。

もっとポジティブに考えてくれたら……と、つい相手に対して感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

大切なのは“性格はすべて正解だ”と思うことなのだそう。性格にはそれぞれ役割があり、ネガティブな性格はいわばツッコミ。これでなければいけないと簡単に決めつけず、人それぞれの考え方を尊重することが人間関係の中で重要なのだそう。

 

“ポジティブ”ということは、単に前向きで明るいというだけでなく、ありのままの自分に自信をもつことなのではないでしょうか。

自分らしさを大切にしたうえで、他の人の個性も尊重することが人生をもっと楽しく生きる秘訣なのかもしれません。

 

【参考】

※ 茂木健一郎・松岡修造 著『たった一度きりの人生をマックスに!ポジティブ会議』(アスコム 刊)

【画像】

※ sattahipbeach / shutterstock

  • URL
  • Instagram
フリーライター
ある人の書く文章に励まされるうちに自分も誰かの心の支えになれるような文章を書きたいと思うようになったことがきっかけで、2013年から女性向けコンテンツに関するライティングとリサーチ業務を行うフリーランスに。

From平山稀衣子・・・
「誰かの視線や気持ちを尊重するために自分の気持ちを抑えつけ専業主婦をした経験があります。「このまま好きなことができずに人生が終わるのは嫌だ!」と強く感じ、好きなことを始めました。それが、私にとっては文章を書くことでした。ありのままの自分を大切にすることで、人生が思わぬ方向へ進んでいきました。仕事や恋愛、結婚・出産など、女性は人生を大きく変える選択をしなければならない場面がたくさんありますが、どんな選択をするとしても、“自分らしさ”を忘れないで欲しいです。」