GATTA(ガッタ) > Bodymake > 「もったり太もも」を改善!椅子さえあればできる美脚エクササイズ
bodymake

「もったり太もも」を改善!椅子さえあればできる美脚エクササイズ

2018.10.17 22:00

「脚を細くしたい」女性の悩みのなかでも上位にあげられるものです。ストレッチやマッサージなどをして努力している方も多いと思います。

しかし、下半身はなかなか結果が出てくれないので悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

「太ももも、ひざ下も細くなったのに、脚の付け根周りが“もったり”している。あとはここだけ!」そんな女性のために、ヨガインストラクターである筆者が、股関節周りを鍛えて、脚全体の引き締めを目指すエクササイズをご紹介します!

#ダイエット 記事もチェック!

 

脚やせエクササイズジプシーを卒業しよう

脚の付け根のもったり感に悩む人は、いろいろな種類の脚やせエクササイズをしても効果がなかなか出ないことが多く、“脚やせエクササイズジプシー”になっていることが多いです。ストレスも溜まるし、自信をなくしてつらくなってしまいますよね。

そんなときは、脚やせエクササイズを探すことをやめ、股関節周りの筋力を鍛えなおすことをおすすめします。

脚やせに大きく関わるのは、“骨盤の傾き”。床に対して真っ直ぐに立つ骨盤を維持できる姿勢であれば、脚はバランスよくすっきりとするもの。しかし、骨盤が真っ直ぐに立たないアンバランスな体の使い方をしていると、下半身に影響があることも。

今回は、股関節周りを狙って付け根をすっきりさせる方法をご紹介します!

 

椅子に座ったらエクササイズスイッチオン!

方法は簡単ですが、難易度はそれぞれの体力によって調整できます。使うのは椅子だけ。椅子に座ったら、ついでにエクササイズ。そんな軽い気持ちでOK!

(1)椅子に座ります。左足首を、右ひざの上に置きます。左脚は外側へ倒しておきます。

(2)腰をまっすぐに伸ばして立て、両ひじを掴み胸の位置へあげましょう。

(3)右股関節の力を意識して立ち上がります。

(4)立ち上がったらお尻にキュッと力が入る位置まできちんと立ちます。

(5)右脚股関節の力を意識して、気をつけながら座りなおします。

(6)5~10回程度繰り返したら、反対側も同様に行います。

 

難易度は変えられる

上記でご紹介したエクササイズは難易度が高めです。バランスが保てず立ちあがりにくい方は、腕は固定せず、腕の勢いも使って立ち上がってもOK! また、ひざに足先を乗せること自体がつらい場合は、片足を上げた状態の姿勢で、立つ、座るという動作を行ってみてください。

 

このエクササイズは、たるみがちな内ももの引き締めを目指すときにもおすすめ。この動きをブレずにできるようになるころには、体幹も安定するようになり、体全体のプロポーションが良くなっているはず! 今の自分のレベルにあわせて、チャレンジしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

知らなきゃ損する「歩き方」のNG&正解

「下腹が気になる人」におすすめ簡単エクサ

プロが教える「ゼロ円ダイエット」3つ

肌荒れ・カサつきが気になる!? 「ミセラーウォーター」で優しくボディケア(PR)

ヨガセラピスト / ラジオパーソナリティ
『マナヨガ』代表。20代の頃ストレス過多でぜんそくが再発したことをきっかけにヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。

From yuuka・・・
「ヨガはものの考え方、捉え方をシフトチェンジするツールです。人はどうしても“足す”ことで美しさや自己実現をしていこうとしてしまいがちですが、ヨガは体を通して心のあり方に気づき、本来の自分らしさを知り、“私には何も足りないものはない”そのままで尊い存在なんだということに気がつかせてくれます。
まずは自分の体を好きになることで、生きやすくなる。自分を好きになる。そんな気持ちを受け取っていただけたらと思います。」