GATTA(ガッタ) > Hair > 不器用さんでも簡単!ボブヘア向け「アイロンの巻き方」基本のコツ
hair

不器用さんでも簡単!ボブヘア向け「アイロンの巻き方」基本のコツ

2018.10.21 20:30

ボブヘアといえば、髪がさほど長くない分、ヘアアレンジも難しく感じてしまいますよね。特に、アイロンを使うことが苦手な不器用さんにとっては、悩ましいところ……。

不器用さんでもできるボブのヘアアレンジはあるのでしょうか?

というわけで今回は、ボブヘアにフォーカスして、美容師のTAKEさんに“不器用さんでも簡単にできるアイロンの巻き方”について取材しました。

#ヘアアレンジ 記事もチェック!

 

女性らしい雰囲気が可愛い「ワンカール」

まず不器用さんでもできるボブの巻き方として、毛先だけ“ワンカール”内巻きにするスタイリングはいかがでしょう? 毛先がワンカールしているだけでカジュアルになりがちなボブも、フェミニンな印象に仕上がりますよ。

女性らしいファッションがお好みの方におすすめなボブの巻き方でしょう。

また、もう少し凝ったヘアアレンジにしたい場合は、毛先だけを内巻きにし、残りは、トップ(はちうえ)のみ根元付近からフォワード、リバース交互に巻くことでスパイラル状のおしゃれな髪型にセットできます!

この巻き方をプラスすることで、よりガーリーなボブアレンジが完成するので、お試しあれ。

 

ボブでも大人っぽく仕上がる「外ハネ」

毛先を内側に巻いたワンカールとは反対に、毛先を外ハネに巻く方法もオススメだそう。不器用な方でも、毛先だけを巻くのならハードルが低いでしょう。

ボブヘアだと子どもっぽい印象になってしまう……と悩んでいた方には、この外ハネアレンジがぴったり! 外ハネにすることで、大人っぽい印象に近づくことができるんですよ。

上記で紹介したように、外ハネアレンジでも、毛先以外の残りを、トップ(はちうえ)のみ根元付近からフォワード、リバース交互に巻けば、今度は外人っぽいルーズなヘアスタイルが完成するでしょう!

 

上手く巻くコツ

不器用な方にとって気をつけてほしいのが、髪の表面に、コテやストトレートアイロンの跡がついてしまうことです。

また、面倒臭く感じても、髪はダッカールなどで小分けにして巻いた方が上手くいくし、ダメージも少ないので覚えておきましょう。

さらに巻いた髪は、熱が冷めるタイミングに形がつくので、髪をしっかり巻いた後にカールをほぐしていくのが上手くいくコツです。上手くほぐすのが苦手な方は、ロールブラシで全体をとかしてから、形を整えると柔らかなカール感を出すことができますよ!

 

ボブの髪をセットするとき、おすすめのヘアスタイリング剤は? 

髪質が柔らかい方は、ヘアバターやバームなどを中間〜毛先につけていきます。髪の表面だけに塗るのではなく、内側にもしっかり塗るように意識しましょう。襟足や、もみあげにもつけるのをお忘れなく。

そして最後に手に余ったヘアスタイリング材を前髪につけるようにすれば、つけすぎを防ぐことができるでしょう。

また、髪質が硬い人は、ボリュームが出すぎないように、そしてゴワゴワしないよう“オイル”を使うのがおすすめですよ。

 

ロングと違い、ヘアアレンジのレパートリーが少なく感じがちなボブですが、毛先の雰囲気を変えるだけで、がらりとイメチェンができるでしょう! ぜひ参考にしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

※ 憧れロングヘアが遠のく!? 美容師が指摘する「髪伸ばし中」のNG行動4つ

美髪から遠ざかる!美容師が教える「髪を傷める」やりがちNG習慣3つ

ゴム1本でできる!こなれ感に差がつく「ヘアアレンジ」を長さ別に紹介

意外と見られている!? 自分では気づきにくい「後ろ髪」のケア法とは(PR)

【取材協力】
※ TAKE・・・美容師。

【画像】
※ taka、yusskei / PIXTA(ピクスタ)
※ Luba V Nel/Shutterstock