GATTA(ガッタ) > Leisure > りんご風呂からグルメまで!大人の女性が今秋「軽井沢」に行くべき理由
leisure

りんご風呂からグルメまで!大人の女性が今秋「軽井沢」に行くべき理由

2018.10.29 21:00

東京駅から新幹線に乗って、わずか1時間ほどで到着する高原リゾート、軽井沢。大自然に囲まれ、美しい景色やおいしい食事を堪能できる軽井沢は、時代を問わず女性に大人気の旅先です。

なかでも、絵画の中にいるような木々が色づく美しい風景を楽しめる“秋”。

今回は、2018年の秋に体験すべき“軽井沢でできる秋の楽しみ方”をさまざまな方向から4つお届けします。

#国内旅行 記事もチェック!

 

1:紅葉を眺めながら、りんごの湯のお風呂を楽しむ

軽井沢の『星野温泉 トンボの湯』は、内湯と露天風呂があり、軽井沢の自然を満喫できる温泉施設。泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉。高い保湿効果が期待できる“美肌の湯”です。

ここは季節限定の湯も人気。秋は、湯船いっぱいに約500個(!)のりんごが浮かぶ、トンボの湯恒例の季節湯“りんご湯”(※1)を開催!

浮かんでいるりんごは天候不良で傷がついてしまったため、スーパーマーケットなどの店頭に並ばないものを使用しているそうで、広々とした内湯がりんごの甘い香りで満たされます。

約41℃という熱めのお湯なので、朝の入浴もおすすめ。シャキッと目覚められるはずです。

 

2:ご褒美で訪れるなら、きのこ尽くしの滞在を満喫する

長野県は、きのこの特産地であることをご存知でしょうか?

えのき茸やぶなしめじ、エリンギなど、複数の種で国内生産量第1位を誇っています。

全身で新しい“きのこ”の魅力を体験できる2泊3日のプログラム『きのこ美人滞在』が、『星のや軽井沢』で体験できます。

この滞在プランでは、きのこ鍋会席やきのこ狩り、きのこスパなどきのこ尽くしの滞在が楽しめます。

滞在中には、『星のや軽井沢』の敷地内や隣接する『野鳥の森』を歩きながらきのこを探す“きのこ散歩”を楽しむこともできます。

足元に視線を落とせば、何げなく歩いていた道にも実はさまざまな色や形のきのこが生息していてびっくり!

きのこの姿を探しながら、きのこの生態や動植物についての解説を聞くことで、信州の自然に触れることができます。

 

3:森の中のカフェ&バーで、静けさに包まれた夜時間を過ごす

『星のや軽井沢』に宿泊するのであれば、ぜひ訪れていただきたいのが、夜の森で静かに過ごせるバー。

昼間はビジターセンターとして使われている『ピッキオ』という場所が、夜には『森のほとり café&bar』に様変わり!

暖炉で焼きマシュマロが楽しめるサービスも。

木々の葉擦れや流れる水音、動物の鳴き声や息使いなど、ドリンクを片手に耳を澄ませば、自然のエネルギーと一体化するような気分になれます。

 

4:軽井沢の秋らしさが詰まった、特別なアフタヌーンティーを楽しむ

『星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート』の『ザ・ラウンジ』で楽しめるのが、『森のアフタヌーンティー・秋(※2)』。

木洩れ日をモチーフにした木造りのアフタヌーンティーBOXの中には、きのこを使ったミニバーガーやクレープ、きのこのサラダ、フィンガースイーツが並びます。

そのほか、かぼちゃや栗を練りこんだカラフルなマドレーヌ、信州サーモンやハムを挟んだサンドウィッチ、葡萄のゼリー菓子など、ひと口サイズの秋を感じられるフードがぎっしり。

これからどんどん見ごろになる美しい紅葉を楽しみながら、秋のティータイムを楽しんでみてくださいね。

 

軽井沢の澄んだ空気と、旬の味覚、温泉などを満喫しつつ、癒しのひとときを過ごしてみませんか?

【おすすめ記事】

※ 一生に一度は訪れるべき!初心者も行きやすいアジアの「世界遺産」3選

飛行機で泣いたらどうする?「子連れ海外旅行」を楽しむマル秘テク

今年こそ絶対行きたい!日本国内「紅葉の絶景スポット」4選

バスルームなら簡単!人気の「北欧風インテリア」取り入れ方のコツ3つ(PR)

【旅のinfo】
星野温泉 トンボの湯
星のや軽井沢
星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート

※(1) 10月開催日:2018年10月16日~19日、11月開催日:2018年11月4日~7日
※(2) 2018年11月30日まで(除外日あり)・「きのこ美人滞在」には含まれていません