GATTA(ガッタ) > Hair > ブルべorイエベ?美容師が教える「肌色別」本当に似合うヘアカラー
hair

ブルべorイエベ?美容師が教える「肌色別」本当に似合うヘアカラー

2018.10.15 21:30

流行のヘアカラーを見て「このヘアカラーにしたい!」と、やってみたけれど全然似合わなかった……そんな経験あるのではないでしょうか?

それもそのはず。肌の色によって似合う色は変わってくるので、他の人が似合っていても、自分には似合わないということはよくあることです。

そこで、今回は美容師でパーソナルカラリストでもある筆者が、肌色タイプ別に似合うヘアカラーをご紹介します。

#ヘアカラー 記事もチェック!

 

ヘアカラーで肌の色が違って見える?

自分の好きなヘアカラーがあると思いますが、実はそのヘアカラーで肌の色がくすんで見えてしまうことも。写真のように似合うヘアカラーをすることで、肌の色の見え方はこんなにも変わりますよ。

 

肌色タイプは何種類ある?

これに関しては諸説ありますが、肌色の種類は大きく分けると2タイプだそうです。

その2タイプとは“ブルーベース”と“イエローベース”。ブルーベースは透き通るような青みがかった肌で、イエローベースは温かみのあるヘルシーで黄みがかった肌だといわれています。

 

ブルーベースの方に似合うヘアカラー

ブルーベースの方は肌の透明度が高い方が多く、ソフトで柔らかなトーンの色味が似合います。逆に、にごりすぎている色味や、オレンジや黄色といった色味は肌の血色が悪く見えてしまいがちなので注意が必要です。

そんなブルーベースの方にぴったりなのが、“アッシュベージュ”。“アッシュ”は青みがかったグレーっぽい色なので、ブルーベースの方とは馴染みが良く、ベージュと混ぜることで柔らかな雰囲気が出るのでおすすめです。

もともと持っている肌の透明感も、ぐっと引きだせますよ。

 

イエローベースの方に似合うヘアカラー

イエローベースの方はヘルシーで自然な血色感のある肌の方が多く、温かみのある色味はもちろん、明るいトーンも深みのあるスモーキーな色味も似合います。逆に、色味がダイレクトに感じられるようなハッキリとしたカラーや、青みの強いカラーだと、肌がくすんでしまうので注意が必要。

ベースにブラウンやベージュ系の色味を混ぜて肌と馴染ませるのが肌色をきれいに見せるコツです。

そんなイエローベースの方にぴったりなのが、“オリーブベージュ”。“オリーブ”は緑なのですが、ブラウンベージュを混ぜることで緑が強く出すぎず、イエローベースの肌と馴染みます。

また、イエローベースの方は髪色に赤みが出やすい傾向にあります。オリーブはその赤みを柔らかく包み込んで打ち消してくれるので、おすすめですよ。

 

似合うヘアカラーを見つけるには、自分の肌のタイプを知ることが重要。肌色のベースと同じ色味を混ぜてもらうことで似合うヘアカラーにすることができます。

今までのヘアカラーがしっくりこなかった方は、ぜひ参考にしてみてください!

【おすすめ記事】

こなれ感に差がつく!長さ別「ヘアアレンジ」

自分でできる結婚式お呼ばれヘアアレンジ8選

美容師が指摘する「髪伸ばし中」のNG行動

意外と見られている!? 自分では気づきにくい「後ろ髪」のケア法とは(PR)