GATTA(ガッタ) > Beauty > 下まつげのマスカラはダメ!? 大人顔には「いらない」NGメイク3選
beauty

下まつげのマスカラはダメ!? 大人顔には「いらない」NGメイク3選

2019.02.25 22:00

大人メイクに仕上げるコツは、顔のパーツによって“しっかりカバーするところ”と“抜け感を出すところ”のバランスを上手くとること。濃すぎてもダメ、薄すぎてもダメです。

しかし、昔からのメイクの癖でつい派手な仕上がりになってしまったり、“大人っぽさ”を意識しすぎて老け見えメイクになってしまったり、“NGメイク”をしている方は意外と多いもの。

そこで今回は、コスメコンシェルジュで美肌研究家の杉本由美さんに、大人顔に“いらない”NGメイクを3つ教えてもらいました。

#メイク 記事もチェック!

 

NG1:下まつ毛にマスカラ

デカ目を意識すると、上まつ毛にも下まつ毛にもバッチリマスカラをつけがち。しかし今っぽさのある大人メイクに仕上げるなら、下まつ毛にマスカラをつけるのはあまりおすすめできません。

大人らしさを活かしたメイクにするなら、上まつ毛にだけ自然なカールをつけ、マスカラをつけましょう。ビューラーでカールをつけるときは、直角にならないようにあくまで自然を意識して。まつ毛をビューラーで挟んだら、下に引き気味にしながらカールをつけていきます。

マスカラは何度も重ねづけすることはせず、シンプルで繊細な目元を演出すると上品な大人メイクにぐっと近づきます。

 

NG2:がっつりアイライン

美人度をあげる大人メイクを目指すなら、アイラインをがっつり引くのはNG。もし引くなら、目のキワやインサイドラインのみに留めておきましょう。ブラウンのペンシルアイライナーを使うとよりGOODですよ。

それだけじゃ物足りない気が……と思うかもしれませんが、大人の魅力を惹き出したいときはこの程度で十分なんです。むしろもっとナチュラルに、アイライナーは使用せずアイシャドウだけで仕上げてもいいくらいですよ。

自然な感じが上品さの演出につながるでしょう。

 

NG3:チークの主張はNG

頬の中心に丸くのせるチークは、かわいらしさを演出できます。一方で、幼い印象になりやすいので、上品さや大人の魅力を半減させてしまいかねません。

大人メイクをするうえで理想的なチークは、自然で立体的であること。頬の中心くらいからこめかみにかけて、ワイドにチークを広げましょう。高さは、頬骨かそれより少し高めくらいがおすすめ。

横から見たときに途中で途切れてしまうチークではなく、横顔までもメイクするというイメージ。そうすることで、正面も側面もスキのない顔が完成しますよ。

 

よかれと思ってしていたメイクが、実は逆効果だったというケースはよくあります。

みなさんもこの機会にぜひ、メイクを見直してみてくださいね。

【おすすめ記事】

手持ちのコスメでできる「アイメイクの裏技」3つ

「単色アイシャドウメイク」のコツ3つ

プロが「パウダーアイシャドウ」のお悩みを解決

肌&髪にやさしいのに機能性抜群のボタニカルアイテム(Sponsored)

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」