GATTA(ガッタ) > Beauty > えっ、シートマスクも!? 実は逆効果かもしれない「NG美肌習慣」3つ
beauty

えっ、シートマスクも!? 実は逆効果かもしれない「NG美肌習慣」3つ

2018.10.12 20:30

美肌になるために、いろんな美容情報をリサーチして、あらゆる美肌ケアをしているという方もいらっしゃると思います。しかし、美肌のためによかれと思ってしていたケアが、実は逆効果だったら残念すぎますよね。

そこで今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、逆効果なNG美肌習慣についてご紹介します。

#スキンケア 記事もチェック!

 

1:角質ケア

肌の表面が古くなった角質で分厚く覆われてしまうと、美容成分がお肌に浸透しなくなりますし、肌トラブルの原因にもなってしまいます。そのため、古くなった角質は取り除いてあげる必要があります。

しかし、角質は外部刺激からお肌を守るために必要なものでもあるのでケアをやりすぎるのはNG! 角質を落としすぎることで、バリア機能が低下して紫外線ダメージなどの外部刺激を受けやすくなってしまうことも。そうなってしまうと肌トラブルにつながり本末転倒です。

美肌のために最適なケアは、古く不要となった角質のみを取り除くこと。毎日のクレンジングでも肌表面の角質は落ちるといわれています。それでも気になるというときは、ピーリングなどのスペシャルケアをしてあげると良いでしょう。

 

2:シートマスク

美肌のためのスペシャルケアのアイテムとして代表的な“シートマスク”。「これの何がいけないの?」と思われる方がほとんどではないでしょうか。もちろん、シートマスクが悪いのではなく、NGなのは間違った使い方をしてしまうこと。

たとえば、シートマスクを肌に乗せ乾いてしまうまで放置してしまったり、1週間に何度も美容効果の高い成分が配合されたシートマスクを使用するケアをしていたり……こうしたやりすぎケアはお肌にとって逆効果かも。

シートマスクは乾ききるまで肌に乗せていると、保湿になるどころか乾燥を招いてしまいますし、高い頻度で使用し、肌に美容成分を与えすぎると肌に負担をかけてしまうこともあります。スキンケアの時短を目的とするシートマスクは良いとしても、スペシャルケア用のシートマスクは週に1度程度にしておきましょう。

 

3:美容だけを意識した食事

美白や美肌効果があるといわれている食材を食事に取り入れることは、美容にとってはとても大切なことです。しかし、そうしたものばかりを摂取するような栄養の偏った食事は残念ながら逆効果になってしまいます。

ビタミンなどの美肌に効果的な栄養素はもちろん、わたしたちの体を構成しているタンパク質や腸内環境改善に役立つ食物繊維など、バランスよく栄養を摂取することが大切です。

 

美肌づくりを意識しすぎることで、過度なケアをしてしまいがちです。

しかし本当にお肌のことを考えるなら“適度”……つまり適切なタイミングや頻度でケアを行うことが大切です。この機会にぜひ、あなたの美肌習慣を見つめなおしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

美容家が愛した「ブラウンシャドウ」4選

お疲れ顔にならない「すっぴん風メイク」

「メイク崩れ」に対抗する優秀コスメ4選

意外と知らない!押さえておきたい「ニキビ予防」のポイント3つ(PR)

【画像】

※ Aleksandra Suzi、Veles Studio、Lucky_elephant / Shutterstock

美肌研究家 / コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。鏡を見るのも嫌になるほどの肌トラブルを体験するも、諦めず独自の美容法で肌トラブルを克服したことをきっかけに美肌研究をスタート。自身が体験したような辛い思いをする人をなくしたいという想いでスキンケアブランドを立ち上げた。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。

From 杉本由美・・・
「美しくなるために無理をすると、自分らしさを見失ってしまいがちになります。素敵なところはいっぱいあるはずなのに、自分の良いところが見えないことは悲しいこと。だから、毎日を楽しみながらキレイになれる方法をGATTAでたくさんの方と共有していきたいと思っています!」